ゲームストップ株、急落で時価総額110億ドル(1兆1500億円)が吹き飛ぶ

引用元:トウシル

ニュースのポイント

  1. ゲームストップ株の28日の終値は前日比44%安の193.60ドルで取引を終えた
  2. ロビンフッドやインタラクティブ・ブローカーズなどが急騰する複数銘柄の取引制限に踏み切った
  3. ただ、時間外取引ではゲームストップ株は一時46%上昇、AMCは29%値上がりした

ゲームストップ株、28日の終値は前日比44%安の193.60ドル

引用元:Bloomberg

28日の米株式市場で、連日話題となっているビデオゲーム小売りチェーン大手のゲームストップ株価が急落し、時価総額は110億ドル(約1兆1500億円)近く吹き飛んだ。終値は前日比44%安の193.60ドルとなった。複数の株取引プラットフォームがゲームストップ株売買を制限したため、ボラティリティーが高まった。

株式プラットフォームとして個人投資家に人気のロビンフッドや、オンライン取引プラットフォーム大手インタラクティブ・ブローカーズ・グループなどが、ゲームストップやAMCエンターテインメント・ホールディングスといった急騰する複数銘柄の取引制限に踏み切った。

これを受けて、ゲームストップ株はボラティリティーが高まり、売買停止措置が19回も発動された。その後徐々に出来高も減少し、28日午後までの売買高は約5600万株と、22日に記録した過去最大の約1億9700万株から大きく落ち込んだ。ただ、時間外取引では、ロビンフッドが一部銘柄について29日から限定的に購入を認める計画だと発表したのを手掛かりに急反発。ゲームストップ株は一時46%上昇。AMCは29%値上がりした。

ゲームストップ
アメリカ合衆国テキサス州グレープバインに本社を置く世界最大のコンピュータゲーム小売店。2012年時点でアメリカ、カナダ、オーストラリア、オーストリア、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、アイルランド、イタリア、ニュージーランド、ノルウェー、ポルトガル、プエルトリコ、スペイン、スウェーデン、スイス、イギリス(G.B.)に約6700店舗展開。参考:Wikipedia
AMCエンターテインメント・ホールディングス
アメリカ合衆国のAMC Entertainment Inc. 社が運営する映画館チェーンである。北米で収益トップ50の映画館を擁し、12大映画館チェーンの中で2001-2002年の不況を生き残った4チェーンの1つでもある(他の3つはリーガル・エンターテインメント・グループ(Regal Entertainment Group)、ナショナル・アミューズメンツ(National Amusements, Inc.)、そしてシネマーク・シアターズ(Cinemark Theaters))。同チェーンのマスコットは、1991年以来予告編に登場する動くスライドフィルム「クリップ」(Clip)である。カナダ、イギリス、フランスそして香港にも店舗を持ち、「AMCシネマ」(AMC Cinemas) として知られる 。スペインでは「AMCシネ」(AMC Cines)として知られる。参考:iFinance

関連記事

ページ上部へ戻る