国内製造業、回復鮮明に キャノンなど業績上方修正相次ぐ

ニュースのポイント

  1. キャノンは20年12月期の連結純利益を従来の予想から280億円上振れすると発表した
  2. 中国の景気回復を背景にAGC、安川電機なども業績予想を引き上げた
  3. 製造業の回復基調が鮮明になり、非製造業との回復に大きな差が生じている

キャノンやAGC、安川電機など製造業の業績上方修正が相次いだ

引用元:Bloomberg

キヤノンは14日、2020年12月期の連結純利益を前期比36%減の800億円と、従来予想から280億円上振れすると発表した。デジタルカメラの中国販売の好調や、在宅勤務の拡大で家庭用プリンターのインク販売などが利益面で計画を上回ったとしている。またAGC、安川電機なども業績予想を引き上げた。背景には中国の景気回復があり、新型コロナウイルスの感染再拡大で業績が落ち込む非製造業と回復に顕著に差が出ている。

AGCは20年12月期の連結純利益を前期比26%減の330億円とし、150億円上方修正した。日本や中国での自動車生産の回復でガラス販売が想定を上回ったほか、スマートフォン向け高機能材料の出荷も伸びた。

また、安川電機は21年2月期の連結純利益の見通しを180億円と25億円引き上げた。20年9~11月期の受注額が前年同期並みに回復。中国で半導体製造装置向けモーターの引き合いが強く、ロボット事業も自動車向けを中心に復調している。

政府が14日発表した20年11月の機械受注統計によると、設備投資の先行指標となる「船舶・電力を除く民需」の受注額(季節調整済み)は前月比1.5%増と2カ月連続で増え、回復基調が鮮明になってきた。一方、非製造業は外食や小売り、娯楽サービスなどで回復遅れが目立つ。2度目の緊急事態宣言で外出自粛が広がっているほか消費者心理も悪化しており、先行きが非常に不透明となっている。

キャノン
カメラ、ビデオをはじめとする映像機器、プリンタ、複写機をはじめとする事務機器、デジタルマルチメディア機器や半導体・ディスプレイ製造装置(露光装置、蒸着装置)などを製造する日本の大手精密機器メーカーである。芙蓉グループ。東証一部およびニューヨーク証券取引所(ティッカー: CAJ)上場企業である。カメラ業界では世界的に有名な企業となっている。1949年の上場以来、年間での赤字は一度もない。参考:Wikipedia
AGC
世界最大手のガラスメーカーである。1907年創立。三菱グループの一員であり、三菱金曜会及び三菱広報委員会の会員企業である。2016年現在の主力製品は、建築用ガラス、フッ素化学製品。2018年7月に商号を旭硝子株式会社(あさひがらす、英: Asahi Glass Co., Ltd.)から変更した。ブランドステートメントは「Your Dreams, Our Challenge」参考:Wikipedia
安川電機
福岡県北九州市八幡西区に本社を置く、産業用ロボットなどメカトロニクス製品の製造を行うメーカーである。2020年には半導体製造装置などに使うACサーボモーターの累計販売台数が2000万台に到達し、世界シェア第1位である。産業用ロボットで世界シェア第4位である。参考:Wikipedia

関連記事

ページ上部へ戻る