ソフトバンクが3つの新料金プランを発表 「安く」「分かりやすい」でNTTドコモに対抗

ニュースのポイント

  1. 国内通信大手のソフトバンクが12月22日、携帯事業において、4Gや次世代通信規格(5G)に適用される、新たな3つの料金プランを発表した。
  2. ソフトバンクは、格安ブランドの「LINEモバイル」を完全子会社化し、第3ブランドとして、オンライン専用のブランドを立ち上げる
  3. 今回のソフトバンクでの対抗値下げは、NTTドコモの「5Gギガホ プレミア」や「ギガホ プレミア」を意識したものだ

LINEのプラットフォームを活用した新サービス


引用元:kakakumag.com

国内通信大手のソフトバンクが22日、携帯電話事業で新たな3つの料金プランを発表した。LINEモバイルを取り込む形で新ブランド「Softbank on LINE」を立ち上げ、2021年3月からデータ容量20ギガバイト(GB)で月額2,980円(税別)のサービスを導入するなど、既に割安なプランを示したNTTドコモへの対抗を図る。

発表によれば、新ブランドは低料金の携帯サービスにみられるオンライン手続き専用。4Gと次世代通信規格(5G)の両方に適用され、1回につき5分以内の無料通話もサービス対象に含まれる。ソフトバンクは格安ブランドの「ラインモバイル」を吸収合併する計画で、無料通信アプリのラインを使い放題とすることなどで、若年者を中心とした利用者の新規開拓も狙う。

今回の新料金プランの発表は、新ブランド「ahamo」などを発表したNTTドコモへの対抗に加え、経営体制の移行に伴うサービス拡充がある。プレスリリースによると、ソフトバンクは、今回の発表について、「2021 年 3 月に予定している LINE 株式会社と Z ホールディングス株式会社の経営統合 を機に、ソフトバンク株式会社が LINE プラットフォームを活用した通信事業における新サービ スを提供することについて、LINE 株式会社と今後詳細を協議していくことにより実現するもの」 と説明している。国内人口の7割近くをカバーするLINEを活用し、利用者を囲い込みたい狙いが垣間見える。

ライン使用にギガノーカウントで、20ギガ月額2,980円の新ブランド


引用元:ITmedeia NEWS

発表した新料金プランのうち、LINEを活用した目玉のプランはどうなっているのか。プレスリリースの発表によると、毎月 20GB のデータ容量と、コミュニケーションアプリ「LINE」がデータ容量を消費せずに、使い放題となる「LINE がギガノーカウント」が付いた画期的なプラン内容となっている。4Gと、次世代通信規格(5G) 共通で、料金は月額 2,980 円。5 分以内の国内通話が何度でも無料で、月額料金は永年定額という。eSIM に も対応する予定としている。

残りの2プランは、音声通信の基本プラン(980円)とデータ通信プラン(5,600円)のセット。テザリングでのデータ使用には月間30GBの上限を設け、利便性を向上させる。使用したデータ量が3GBを切る場合は自動的に料金を1,500円割り引く。「おうち割 光セット」「新みんな家族割」などの割引を適用した場合の月額料金は2,980円からとなる見込みだ。

LINEモバイル
LINEモバイルは、通信大手のLINE傘下のLINEモバイルが展開する格安SIM、格安スマホのサービス。スマホにおけるコミュニケーション環境を向上させ、ユーザーとモバイルの関係をより良く、快適することを目的としている。コミュニケーションアプリのLINEをはじめとする主要SNSや音楽サービス「LINE MUSIC」のデータ通信量がカウントされず、使い放題になるデータフリー機能など、明快でユーザーごとの利用動向やニーズに合ったプラン展開が特徴。参考:LINE MOBILE
Softbank on LINE
Softbank on LINEは、ソフトバンクが、NTTドコモへの対抗策として、LINEモバイルを完全子会社化し、吸収合併することで誕生するオンライン専用の新ブランド。対抗エリアはソフトバンクと同じで、回線速度も同レベルのため、混雑するランチタイムに利用できる利点がある。参考:携帯総合研究所
LINEとZホールディングスの経営統合
LINEとZホールディングスの経営統合は、GAFAをはじめとする巨大IT企業への危機感から生まれたM&A。2019年11月に発表された。コニュニケーションアプリ「LINE」と、ポータルサイト「Yahoo! Japan」を展開するヤフーを傘下に持つZホールディングスが、互いの知見と技術を持ち寄り、さらなるサービスの拡充を目指す目的がある。参考:IT media NEWS
NTTドコモの料金値下げ
NTTドコモの料金値下げは、政府が海外と比べて割高と指摘していた携帯料金について、若い世代をターゲットに取り組む一連の事業展開。12月に入り、月間20GB・月額2,980円で、複雑な割引を設けない新プラン「ahamo」を発表したほか、5Gに対応した100ギガバイトのプランをデータ使用量を無制限にした上で、既存プランと比べて1,000円安い月額6,650円とするなど、新料金プランを2021年4月にスタートさせる方針を明らかにしている。参考:NHK

関連記事

ページ上部へ戻る