新規公開株(IPO)とは?メリットやIPO株の買い方などを徹底解説|なぜIPOは個人投資家に人気なのか?

IPO投資は大きな利益を狙いやすいため人気がありますが、そもそもIPO投資がどういったものかよく分かっていないという方は多くいらっしゃるでしょう。
今回は、IPO投資の基礎知識からなぜ人気があるのか、また、メリットは何なのかを分かりやすく解説していきます。

新規公開株(IPO)とは?

IPO(Initial Public Offering)とは新規公開株とも言い、簡単に言えば株式市場に上場することが決まっている未上場企業の株式のことです。
IPO投資では、この上場前の株式を対象に投資していきます。
通常、企業が上場する際、新しく発行される株式や既存の株主が保有していた株式などの売却が行われます。
これにより、一般の個人投資家もその企業の株式を保有することができ、証券取引所でも自由に売買することができるようになるのです。

IPO投資の3つのメリットと2つのデメリット

人気の高いIPO投資には3つのメリットと2つのデメリットがあげられます。
それでは早速見ていきましょう。

メリット1.購入手数料が不要

株式を売買する時、いくらかの購入手数料がかかってきますよね。
しかし、IPOでは、こういった購入手数料がかからず、すべて無料です。
というのも、実は、購入手数料が公開価格(企業が上場して新たに公開された株の公募・売り出し価格のこと)の中に全て含まれているため、購入手数料が無料になっています。
ただし、IPO株を購入後に売却をした際は、通常通りの売却手数料がかかるので、覚えておきましょう。

メリット2.公募価格が割安なことが多い

IPO株は公募価格が割安なことが多いです。
公募価格とは、IPOで株を新規公開する時に、多くの一般投資家を対象に株主を募集する時の価格のこと。
IPO株の公募価格はほとんどの場合割安になることが多いのですが、これはIPO株の応募数が上場に必要な株数を下回ると企業が上場できなくなってしまうからです。
そのため、上場する企業の多くは公募価格を割安にし、より多くの株式が買われるようにしています。
割安な価格で株式を購入できれば、大きな利益を狙えるため、人気があるのです。

メリット3.初値が公募価格を大きく上回ることも

IPOでは、初値が公募価格を大きく上回るケースが多くあります。
初値とは、上場日に初めて付いた株式の価格のことを指します。
以下に実績として、2020年12月のIPO株の公募価格と初値をまとめてみたので、参考にしてみてください。

見て分かる通り、ほとんど場合で、初値が公募価格を上回っていますよね。

もしオンデックの株を公募価格で300株購入できたとして、新規公開時に成行注文で売却すれば「(4500円 – 1550円) × 300株 = 885,000円」の利益が獲得できていたことになります。
このように、公募時にIPO株を買っておいて、上場日に成行売り注文を出すだけで、かなりの確率で大きな利益を出すことができるので、IPO投資は大変人気が高いのです。

デメリット1.損失が出るリスク

次にデメリットを見ていきましょう。
デメリットの1つ目として、損失リスクが挙げられます。
先ほど、IPO株は公募価格が割安で、初値が公募価格を上回るケースが多いとお話しましたが、もちろん初値が公募価格を下回り、含み損を出す可能性もあります。
そのため、IPOが儲かるからといって、全てのIPO株に飛びつくのではなく、その企業の分析をある程度行ってからIPO株を購入するようにしましょう。

デメリット2.抽選に外れたら買えない

IPO株は誰もが買える訳ではありません。
後程紹介しますが、IPO株を買うには、抽選に当選しないと買うことができないのです。
落選してしまった場合は、IPO株を購入することができません。
IPO株は人気なので、ほとんどの人が落選してしまいます。
しかし、株式が公開されたら、通常のように売買することは可能なので、どうしても購入したい場合は公開日をチェックして購入するといいでしょう。

IPO株の買い方

IPOのメリットとデメリットについて見てきたので、次は実際にどういう風にIPO株を買っていくのかをみていきましょう。
購入フローは上図の通りで、「ブックビルディングへの参加」と「購入申し込み」の2つが必須条件となります。
それでは各項目を詳しく見ていきましょう。

STEP1.ブックビルディングに参加

まずIPO株を購入するには、「ブックビルディング」というものに参加する必要があります。
ブックビルディングとは、新たに公開する株の値段を決める方法のことです。
このブックビルディング期間中に需要申告を行うことで、次の購入申し込みのステップへと進むことができます。

STEP2.購入申し込み

ブックビルディングを申し込んだ後は、購入申し込みのステップへと移ります。
購入申し込みも期間があらかじめ設定されるので、期間内に申し込みを済ませるようにしておきましょう。

STEP3.抽選

購入申し込み後、IPO株を買えるかどうかの抽選が行われます。
これは購入申し込み期間終了日に行われ、この抽選に当選することで、IPO株を購入することができます。
ただし、購入申し込み後に取消・株数の変更等はできないので、気を付けましょう。

IPO投資で大きな利益を狙っていこう

IPO投資は、かなりの確率で大きな利益を狙えるため、株式投資を行う上では是非チャレンジしてみたいですね。
企業の上場が決定した際は、買うかどうかはおいておいて、とりあえずブックビルディングに参加してみるという手もアリだと思います。
当選するか落選するかは運次第ですが、運を味方に付けながら大きな利益を狙っていきましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る