ロスカット・追証を防ぐポイントは?|ロスカット・追証のしくみと回避方法について徹底解説!

投資の世界では、ロスカットや追証は当たり前のように使われる言葉です。

しかし、投資初心者の方では、知らない方もいるかもしれません。

ロスカットや追証は、リスク回避のためにも知っておくべきです。

リスクの防ぎ方を知らなければ、大きな損失をまねく可能性があります。

本記事では、ロスカットや追証の意味や、メリットデメリットを解説するので、これから投資を始める際の参考にしてください。

ロスカットとは?

ロスカットとは、損失が大きくなりすぎないように一定のラインで強制決済を行うしくみです。

業者の設定した限度までポジションの含み損が大きくなった時点で、損失が拡大しないよう仮想通貨交換業者が強制的に決済します。

損失を増大させない仕組みですが、損失を一方的に確定されてしまうシステムとも言えるでしょう。

ロスカットの仕組み

ロスカットは、含み損が大きくなったときにポジションが強制的に決済されるシステムです。

証拠金維持率(口座残高に対する保有ポジションの割合)が一定の基準を下回ると、ロスカットが発動します。

ロスカットが発動することにより、損失額が無制限に増える前に取引を強制終了。

ロスカットは、損失を大きくしないための仕組みなのです。

ロスカットのメリット

ロスカットのメリットトのメリット

ロスカットは、システム上一方的に確定してしまうシステムなので、デメリットに考える方もいるでしょう。

しかし、ロスカットには大きなメリットが2つあります。

  • 資産を守ることができる
  • 損失額が大きくならない

今後投資をしていくなかで、ロスカットに助けられることもあります。

ロスカットのメリットを、今のうちから知っておきましょう。

資産を守れる

ロスカットがない場合、大きな取引をして、損失額が膨れ上がる可能性があります。

なかには、損失額が大きくなりすぎて、借金を抱えてしまう方までいるほどです。

ロスカットは、そんな状態にならないよう、資産を守る仕組みになっています。

当然マイナスにならないことはありませんが、必要以上の損失にはなりません。

損失額が大きくならない

ロスカットは、一定ラインを超えた段階で自動的に発動します。

そのため、損失額が大きくなりません。

ロスカットのルールは、FX会社ごとに決まっています。

FX会社が決めた一定基準で強制的に発動するので、どれだけ損失が増えても、莫大な損失に膨れることがありません。

ロスカットのデメリット

ロスカットのデメリット

ロスカットには、デメリットもあります。

損失を大きくしないためのルールではありますが、同時にチャンスを失う可能性があるのがロスカットです。

主なデメリットは2つ。

  • 取引の機会を損失する
  • ロスカットが追い付かない場合がある

「ロスカットがあるから安心」と考える方もいるかもしれませんが、デメリットがあることも覚えておきましょう。

取引の機会を損失する

ロスカットがあると、チャンスを逃す可能性があります。

相場が一時的に下がったとしても、上昇する可能性も考えられるでしょう。

しかし、ロスカットが適用されてしまうと、その機会を失うことになります。

ロスカットで取引の機会を失わないためにも、証拠金維持率を常にチェックしておきましょう。

ロスカットが追い付かない場合がある

原則的にロスカットは自動的に行われますが、あまりにも相場が急変した場合は、ロスカットの適用が追い付かない可能性があるのです。

そのため、証拠金以上の損失が発生する場合があります。

大幅な損失になってしまった場合は、損失分を支払わなければいけません。

ロスカットだけを頼りにしてしまうのは危険なので、損切りポイントを見極める必要があります。

ロスカットを防ぐ4つのポイント

ロスカットを防ぐ4つのポイント

ロスカットを防ぐためのポイントを解説します。

ロスカットは、運用方法によって防ぐことが可能です。

主なポイントは4つ。

  • 充分な証拠金を預け入れる
  • レバレッジをかけすぎない
  • ポジションをもちすぎない
  • 適宜証拠金を入金する

ロスカットを防ぎたい場合の、参考にしてください。

充分な証拠金を預け入れる

基本的に、ロスカットが適用される基準は、証拠金の維持率です。

証拠金が少なければ少ないほど、ロスカットは適応されやすくなっています。

反対を言えば、証拠金を充分に預け入れておけば、ロスカットになりにくいということです。

ロスカットを防ぐためには、証拠金を充分に用意しておきましょう。

レバレッジをかけすぎない

ロスカットは、レバレッジをかけすぎると発動しやすいです。

レバレッジがあがるほど証拠金維持率が下がり、証拠金維持率を高く保ちにくくなります。

レバレッジを低くすれば、必然的に値動きによるロスカットのリスクは下がるので、初心者のうちはレバレッジを低くしておきましょう。

ポジションを持ちすぎない

ポジションを持ちすぎない

外貨を買っている状態や売っている状態を「ポジションを持っている」と言いますが、ポジションの持ちすぎに注意しましょう。

ポジションの持ちすぎは、証拠金維持率を下げる原因です。

ポジションに費やす必要証拠金が多いと、わずかな変動で強く影響します。

ロスカットを防ぐために、初心者のうちはポジションを少なくしておく方が安全です。

適宜証拠金を入金する

ロスカットを防ぐ方法として、適宜証拠金を入金するのも1つの方法です。

ロスカットは証拠金維持率が下がったときに発動しますが、証拠金を入金すれば維持率を保つことができます。

証拠金維持率が下がりそうになったときに入金することで、ロスカットを防げるのです。

追証(追加証拠金)とは?

追証(追加証拠金)とは?

追証とは、正式名称「追加証拠金」といいます。

追加証拠金は取引を行う際に、FX会社に預けるものです。

取引の損失で保有中のポジション金額に対して一定割合未満に減少した場合、証拠金を追加で入金しなければいけません。

「担保」のようなものだと考えると良いでしょう。

追証が発生する仕組み

追証は、証拠金が一定以上減少した場合に発生する仕組みです。

具体的には、証拠金維持率が一定水準以下になると、発生します。

この、「証拠金維持率」というのは、保有しているポジションが、口座の証拠金残高に対してどれくらいの比率なのかを表す数字です。

証拠金維持率は、以下の式で計算できます。

「証拠金維持率=有効証拠金÷必要証拠金×100」

  • 必要証拠金…保有中のポジションの証拠金の合計金額
  • 有効証拠金…純資産

追証が発生する証拠金維持率の水準は、FX会社によって異なるので、事前にルールを確認しておきましょう。

追証の解消方法

追証を解消する方法は2つです。

  • 証拠金を追加入金する
  • ポジションを決済する

いずれかの方法で、追証を解消できます。

また、追証の解消には期限があり、期限が守られない場合はペナルティーが発生するので注意しましょう。

追証が解消できない場合

追証が解消できない場合は、まずは、保有しているポジションが強制的に決済されます。

強制決済をして、追証を解消できないほどの大きい損失だと、損失分の一括返済が求められることになるのです。

大きな損失から、最悪の場合、借金を抱える可能性もあります。

追証にならないよう、徹底した損切りルールを作っておくと良いでしょう。

ロスカットと追証の違い

ロスカットと追証の違い

ロスカットと追証は、関係しているものであり、同じものではありません。

ロスカットは、損失が広がらないように強制的に決済される仕組み。

追証は、広がってしまった損失を埋めるためのものと考えて良いでしょう。

では、ロスカットされるのに、なぜ追証があるのか?

理由は、ロスカットと追証の基準が異なるためです。

また、ロスカットと追証が同時に発生することもあります。

FXを行う場合は、どちらにも気を付けなければいけません。

追証を防ぐための2つのポイント

追証を防ぐための2つのポイント

追証を防ぐためには、2つのポイントを意識しましょう。

基本的には、ロスカットを防ぐためのポイントと似ています。

  • 余裕を持って取引を行う
  • 損切りを素早く行う

追証は借金と考えても過言ではありません。

追証を防ぐためのポイントは、しっかりチェックしておきましょう。

余裕を持って取引を行う

追証を防ぐためには、証拠金を多く入れたり、ポジションを多く持ちすぎないなど、余裕を持った取引を行いましょう。

限度ギリギリの取引をすると、追証の発生する可能性は高くなります。

ある程度のゆとりを持った取引を心掛けてください。

損切りを素早く行う

ロスカットを防ぐポイントとしても同様ですが、損切りは素早く行いましょう。

自分のなかの損切りルールを徹底し、ルールを超えたら待たずに損切りしてください。

初心者が失敗しがちなのが、「待ってしまう」ことです。

自分のなかで損切りルールを作ったら、徹底してルールを守りましょう。

追証リスクの管理は「逆指値」を活用

追証リスクの管理は、「逆指値」を活用しましょう。

逆指値とは、「○円まで上がったら買い」「○円まで下がったら売り」方法です。

通常は、「○円まで上がったら売り」「○円まで下がったら買い」という方法を、指値注文と呼ぶため、逆の注文内容という意味で「逆指値」と呼ばれています。

(参考図解 元URL:https://min-fx.jp/start/order-limit/)

指値注文は、「安く買て高く売る」が基本になっていますが、逆指値は下降気味のときにいち早く損切りするような、リスク管理に有効な注文方法なのです。。

追証が発生する前に損切り

たとえば、購入したレートから10円下がってしまったと仮定ししょう。

「このままでは追証が発生する可能性があるものの、反発の可能性にもかけてみたい、しかしこれ以上下がるなら決済してしまいたい」このようなときに、逆指値注文で売り注文を出します。

すると、損切りラインで決済され、追証は発生しません。

相場の反転に備えて利益を確定

たとえば、大きく相場が下落したものの、含み益が出ていた場合を仮定します。

「下がりそうだけど、反対に値上がりも考えられ、相場が反転しても最低5%の利益は確保したい」このような場合は、逆指値で買い注文を出します。

すると、最低でも5%の利益を確保して買い戻せるのです。

FX会社ごとのロスカット・追証ルール

FX会社ごとのロスカット・追証ルール

ロスカットや追証のルールは、FX会社によって異なります。

そこで、3つのFX会社のロスカット・追証ルールを見てみましょう。

これからFXを始める方は、FX会社を決める際の参考にしてください。

外為どっとコム

外為どっとコム

引用元:外為どっとコムのFX

外為どっとコムでは100%~50%の間で、10%刻みにロスカットレベルを設定可能です。

設定したロスカットレベルを下回った際に、ロスカットが執行され、全ポジション強制決済となります。

ただし、毎営業日の取引時間の終了時刻の直前1時間以内に限っては、設定に関わらず有効比率が100%を下回った時点でロスカットが執行されるので、注意しましょう。

ポジションを保有するには、追加証拠金を入金する必要があります。

GMOコイン

引用元:GMOコイン

GMOコインでは、証拠金維持率が75%を下回るとロスカットが発生します。

ただし、証拠金維持率が100%を下回った段階で、ロスカット水準に近付いているアラートメールでお知らせしてくれるので、すぐに対応可能です。

また、GMOコインに関しては「追加証拠金」制度はありません。

しかし、証拠金の額を上回る損失が生じた場合、超過額を不足金として支払う必要があります。

DMMFX

DMMFX

引用元:DMM FX

DMMFXでは、証拠金維持率が50%を下回りるとロスカットが発動し、保有しているすべてのポジションが決済されます。

ただし、証拠金維持率が70%を下回った時点で、アラートメールが送信されるので対応可能です。

証拠金維持率50%を大幅に下回った場合は、損失が発生する可能性があるので注意しましょう。

FXをする上で追証・ロスカットは知っておくべき

FXをする上で追証・ロスカットは知っておくべき

FXのリスクを防ぐ上で、追証やロスカットは知っておくべき言葉です。

ロスカットや追証を知らないまま進めてしまうと、わけもわからないうちにロスカットとなり、追証を支払わなければいけないなんてことになりかねません。

そのような状態にならないように、FXを始める際には、必ずロスカットと追証について詳しく知っておきましょう。

利益を出すためにFXを行うのはもちろんですが、リスク回避も運用方法の一つです。

しっかりとリスク回避の方法を学んだうえで、利益を狙う方法を考えていきましょう。

とくに、経験の長いFX利用者は、リスク回避に重点を置いています。

利益を増やす運用と同時に、損失を少なくする運用を心掛けてFXを行うと良いでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る