初心者でもチャレンジできる!FXの少額投資の始め方|少額投資でもコツコツ稼ぐ方法を解説!

FXで成功している人を見て「自分も始めてみたいけど、失敗するのがこわい…」と思っている方は多くいらっしゃいます。

確かにFXで取引をしていくとなると、多少の損失が出る時もありますが、

そういう時は少額投資でコツコツ稼いでいけばリスクを抑えつつ稼いでいくことが可能です。

初心者こそ少額投資はおすすめなので、FXを始めてみたいと思っている方は是非この記事を参考にしてみてくださいね。

そもそもFXってどういう投資?

FX(Foreign Exchange)とは、外国為替取引という意味で、2酷間の通貨を売買して利益を得ることができます。

それでは、一体どういう仕組みで利益を得ることができるのか、FXの基本知識から見ていきましょう。

FXの基本知識

円安ドル高、円高ドル安という言葉があるように、通貨の価値は刻一刻と変わっています。
極端に言うと、つい1時間前までは1ドル=100円だったのに、今は1ドル=110円になっているみたいな感じです。

FXはこの価格変動を利用して通貨同士の取引をすることで、利益を得ることができる投資なのです。

例えば1ドル=100円の時に、1万円を支払って100ドル買ったとしましょう。
そして、1ドル=110円になった時に、100ドルを売れば、

(110円-100円)×100で1,000円の利益が出ますね。
このようにFXでは2国間の通貨を取引して、利益を出していきます。
取引は日本円や米ドルだけでなく、ユーロやオーストラリアドルなど、様々な通貨ペアで取引をしていくことが可能です。

取引単位の基本は1万通貨

FXの取引では、取引単位ごとに売買することが一般的です。
取引単位とは、FXで売買する際の最小単位のことで、多くのFX口座では1万通貨に設定されています。
100株ごとに売買する株式投資と似たようなルールですね。
よって、1ドル=100円で取引単位が1万通貨の場合に売買しようと思えば、100円×1万通貨で100万円が必要になります。

初心者必見!FXは4円からでも始められる!

ただ、FXを始めるのに100万円もの大金を用意するのは困難ですよね。
そんな方におすすめなのが、取引単位が小さいFX会社で口座開設をする方法です。
先ほど、一般的な取引単位は1万単位と紹介しましたが、実は1単位からでも取引できるFX口座があります。
他にも100通貨や1,000通貨単位で取引できるFX口座があるので、自分の予算に合わせてFX口座を選ぶといいでしょう
もし最低取引単位が1,000通貨なら、1ドル=100円でドルを買うときに必要になるお金は100円×1,000通貨で10万円となります。
10万円であれば、会社のボーナスや貯金を少し崩す程度で用意できるので、

結構ハードルが下がりますよね。

予算に合わせてFX口座を選ぼう

口座を開設するにあたって、FX会社を選ぶにも、各社の最低取引単位が分からなければどこで開設すればいいのか分からないですよね。
そこで人気FX会社の最低取引単位を以下にまとめてみたので、ぜひ参考にしてみてください。

業者名 最低取引単位
SBI FXトレード 1
OANDA Japan 1
マネーパートナーズnano(fxTrade) 100
みんなのFX 1,000
外為どっとコム 1,000
YJFX! 1,000
セントラル短資FX 1,000
マネースクエア 1,000
ヒロセ通商 1,000

少額投資での稼ぎ方とは

少額投資にぴったりのFX口座の見つけ方が分かれば、

次は実際にどう稼いでいけばいいかを見ていきましょう。
FXで稼ぐには、大きく分けて「順張り」と「逆張り」という2つの基本手法があります。

順張りで稼ぐ

順張りとは、相場の流れに沿って売買していく手法です。
FXでは相場がずっと右肩上がりで上昇していくということはなく、大きな流れの中に小さな逆流が生じるかのように、山ができます。
買い目としては小さな価格の下降があった後、再び相場が上昇していく様子が伺えた時です。
後は利益が出たラインで通貨を売れば、利益確定となって、稼いでいくことができます。

順張りに向いている人の特徴

順張りに向いている人大きなチャンスを物にするために、ドシっと構えることができる人です。
というのも、大きな相場の流れができることは多くありません。
また、まだまだ利益が伸ばせるのに不安になって早い段階で利益確定をしてしまうという場合も多くあります。
そのため、せっかちに売買していく人よりかは、釣りで大物を捉えるかのようにドシっと構えることができる人が順張りに向いています。

逆張りで稼ぐ

逆張りとは、相場の流れに逆らい、転機点を狙って売買していく手法です。
相場が反転することを予測して売買する必要があるので、少し難しく思われがちですが、そんなことはありません。
買い目としては、上下の価格変動を繰り返している時です。
買い勢力と売り勢力が拮抗する持合い相場では価格の上昇と下降が繰り返されるので、相場が反転しやすく、そこを狙って売買していけばコツコツ稼ぐことができます。
1度の利益は順張りほど大きくはなりませんが、量をこなして取引をすれば、利益を大きくしていくことも可能です。

逆張りに向いている人の特徴

持合い相場内で神経を尖らして、タイミングを逃さずに取引することが大切なので、短期集中型でテキパキ行動できる人が向いています

逆張りは、1度の利益は少ないですが、少ないながらに前に進んでいる感覚が味わえるので、そういった感覚を味わいたい人にも向いています

逆に順張りが向いているようなドシっと構えていられる人は、逆張りにあまり向いていないかもしれませんね。

FXでよくある失敗例

SNSなどを見ているとFXで失敗して大きな損失を抱えてしまったという人をたまに見かけたりしますよね。
人の振り見て我が振り直せではないですが、よくある失敗例を見ていきましょう。

取引をする上でのルールを決めていない

FXをする上で最も大事なのが、自分の取引ルールをしっかり決めておくことです。
その中でも「利益確定ライン」「損切りライン」の2つはしっかり決めて、機械的に取引できるようにしましょう。
というのも、FXで一番難しいのは売買のタイミングです。
よくありがちなのが、損失が出た時に「もしかしたら相場が回復するかもしれないからまだ損切りするのは止めておこう」とポジションを保有したままで、損失が膨らみ強制ロスカットになってしまうパターンです。
そうならないためにも、利益確定ラインは〇〇%、損切りラインは〇〇%というようにルールを決めて、それを守りながら取引するようにしましょう。

ネット上の情報に惑わされてしまう

また、よくあるのがSNSなど、ネットの情報を鵜呑みにして、何の根拠もなしに無茶な取引をしてしまう例です。
FXで信じるべきは自分。
たとえ、ネット上の言葉を信じて損失を出してしまっても、責任は自分自身にあります。
人の意見に騙されず、自分の頭で考え、分析したものを信じるようにしましょう。

実戦が不安な人にはデモトレードがおすすめ

やはり、いきなりお金を使ってトレードするというのに抵抗感がある方も多いでしょう。
そんな方におすすめなのが、デモトレードツールを使って本物さながらのFXトレードを練習する方法です。
DMM FX バーチャル」や「外為オンライン」などのツールを使えば、実際のお金は使用することなく、バーチャル上で取引を行うことができます
無料でアプリインストールできるので、是非試してみてはいかがでしょうか。

勇気を出してFXをスタートしよう

FXで少額投資を始めるにあたって、口座の選び方から稼ぐ手法までお伝えしてきました。
最初の資金が10万円でも、コツコツ稼いで1,000万にしたという方も少なくありません。
自分の人生を豊かにするためにも、少額からFXを始めて稼げるようになりましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る