YJFX!がFXトレーダーランキングなどを掲載した「ファイナンススタジアム」をリリース

引用元:PR TIMES

ニュースのポイント

  1. YJFA!の「ファイナンススタジアム」が復活
  2. 「FXトレーダーランキング」や取引履歴を可視化した「ダッシュボード」、FX業界の著名人による「限定コラム」等が楽しめる
  3. 今後ランキングによるイベント開催やさまざまなコンテンツの拡張を予定していると

ヤフーグループのYJFX! が「ファイナンススタジアム」を復活

引用元:YJFA!

ヤフーグループのワイジェイFX株式会社が14日、トレーダーランキングなどを掲載した「ファイナンススタジアム」を公開した。多くのトレーダーに好評だった「旧ファイナンススタジアム」は、2017年7月22日(土)に惜しまれつつサービスを終了していた。

今回復活した、新生ファイナンススタジアムでは「FXトレーダーランキング」や取引履歴を可視化した「ダッシュボード」、FX業界の著名人による「限定コラム」等、マーケット情報に加え従来のFX情報サイトのイメージを刷新する個性的なキュレーションサイトとなっている。さらに同社によると、今後ランキングによるイベント開催やさまざまなコンテンツの拡張を予定しているという。

現在公開されている機能は以下の通り。

・ダッシュボード【取引情報を可視化し一歩先の分析へ】

外貨exの取引情報を分かり易くグラフ化。累計収益が通貨ペア別に見れたり、プロフィットファクターによる自己分析が行えます。また、公開されているトレーダーのダッシュボードで、自身の取引と比較分析も行えます。

・ランキング【ドラマチックにFXトレーダーが躍動する】

FXで、「今」本当に利益を出しているトレーダーは誰か。ランキングは毎日アップデートされ、誰もがトップトレーダーを目指せます。

・ニュース、コラム【知りたいのは相場の今とリアル】

ニュースは、相場変動に大きな要因をもたらす「要人発言」をピックアップ配信。コラムでは、自身でコラムを投稿したり、他のトレーダーや著名人のコラムで、感度の高い情報をキャッチできます。

YJFX!
Zホールディングス株式会社の完全子会社で、証券業を営む株式会社である。元サイバーエージェント子会社。2013年1月31日よりヤフーの子会社となった。ブランド名は「YJFX!」。
店頭FX「外貨EX」、店頭通貨バイナリーオプション「オプトレ!」、投資信託販売などの金融サービスを提供している。外貨EXにおいて、スマートフォンアプリの使い易さ、外貨両替(現受・現渡)が可能、MT4チャート(ロシアのMetaQuotesSoftware社が開発)が利用できるところに特徴がある。参考:iFinance
プロフィットファクター
総利益と総損失の比率のこと。「profit factor」の略で「PF」と呼ばれることもあります。計算式は「プロフィットファクター=総利益÷総損失」となります。総利益が総損失を上回っていれば、プロフィットファクターは1以上となります。投資戦略やシステムトレードなどを評価する際に用いられます。参考:三井住友DSアセットマネジメント

関連記事

ページ上部へ戻る