今タイの不動産に投資するのはあり?なし?|メリット・デメリットと注意点を交えて解説

タイと言えば皆さんはどのようなイメージを抱くでしょうか?例えば「物価が安い」や「リゾート地」などのイメージを持つ方も多いはずです。

特に物価に関してはタイの強みの1つであり、タイの平均年収は日本円で192万円前後となっていて、日本の物価の半分以下となっています。

WEBライターやフリーランスで仕事をしている人の中には、日本でお金を稼いでタイに移住して生活をすることで、月収10万ちょいでもかなり裕福な生活をしている方もいるほどです。

今回の記事では、投資に関しても日本の半分以下の資金で済むタイの不動産投資について解説していきます。

タイの基本情報

タイは日本人が多く移住している国第4位で、日本人在住舎が7.5万人を記録している国です。

正式名称はタイ王国と言い、インドシナ半島中央部とマレー半島北部を国土とした東南アジアに位置する君主制の国家となっています。

「ミャンマー」「マレーシア」「カンボジア」「ラオス」などの国と隣接しています。

 

タイはリゾート地の印象がある方も多いと思いますが、「パタヤ」や「プーケット」などのリゾートが有名ですね。プーケットではアイランドホッピングやマリンスポーツなどを体験することができ、女子旅に大人気の観光地でもあります。

 

タイにはコンドミニアムやオフィスビルなどが乱立しているため、特にバンコクの土地価格は伸び続けています。そのような時勢の流れを嗅ぎつけたビジネスマンがタイの不動産売買に目をつける話も珍しくありません。

タイでは自動車産業が盛んで、日系自動車企業も数多くタイに進出しています。トヨタやホンダなどの自動車をバンコクの街中で目にすることも多いはずです。

 

タイの不動産の利回り

タイの不動産の利回りはどのようになっているのでしょうか。諸外国と比較してみてみましょう。

(図解挿入)

香港や日本などの先進国では、物件の価格が高騰しているため諸外国と比べると利回りが低くなってしまいます。

しかし、タイの物件の価格は日本などの先進国と比べると、それほど高騰していないため、利回りも比較的高く出ています。

タイの都市部では近年都市開発が進んでいるため、投資対象としては最適な市場と言えます。

 

タイの不動産に投資する魅力

タイは物価が安く不動産投資も比較的少ない資金で行えます。

「数ある国の中からタイの不動産に投資する魅力はどこにあるんだろう」と考える方も少なくないはずです。

この項ではタイの不動産に投資する魅力を3つのポイントに分けて解説します。

 

ポイントは以下の3つです。

  • 鉄道網が発達している
  • 経済成長が期待できる
  • ASEAN経済圏の1つ

 

以上、それぞれ一つずつみていきましょう!

 

鉄道網が発達している

タイの首都であるバンコクを中心に、交通インフラの整備が喫緊の問題となっています。

中心部の急激な都市化により、都市部では大渋滞が起きるようになってしまいました。それらの渋滞の緩和のために先進国並みの地下鉄や高架鉄道などの建設工事が行われていて、路線も飛躍的に伸びる計画がされています。

交通インフラを整備するための公共投資は、タイの不動産投資事情にも大きく影響を及ぼすでしょう。

 

経済成長が期待できる

タイの経済は自動車製造関連に強みを持っていることから「東洋のデトロイト」とも呼ばれ、日経の自動車メーカーも数多く進出しています。

GDPもかなりの高成長を記録しており、過去15年間で3倍以上の水準にまで膨れ上がりました。国際通貨基金の予測によると、今後のタイの国民の所得水準も上がっていることが予想されているなど、非常に経済成長に期待ができる国の1つです。

また、タイでは中間所得層が拡大することによる住宅需要の増加が期待されているため、タイの不動産市場に投資資金が集まる要因となっています。

 

ASEAN経済圏の1つ

タイは東南アジア諸国連合の1つであり、ASEAN経済共同体が誕生し、関税の撤廃や観光ビザの廃止などによる経済活動の活発化が期待されています。

その中でもタイは、ASEAN経済圏の中でも産業や物流の中継地点としての役割で、大きな利益を享受できる国になるとも言われてます。

経済活動が活発化するタイに不動産投資をすることで、投資家の皆さまも自らの利益をあげることができるでしょう。

 

タイの不動産に投資するメリット

次は、タイの不動産に投資するメリットについてみていきましょう。

タイの不動産に投資するメリットは以下の3つです。

  • 不動産価格が上がる可能性が高い
  • タイ国内に日本人が多いため、情報収集がしやすい
  • タイの不動産市場の透明度が高い

以上、それぞれ1つずつみていきましょう!

 

不動産価格が上がる可能性が高い

先述したように、タイの都市部バンコクを中心に高架鉄道を建設する工事が進んでいて、路線が拡大しています。その背景には、中心部の都市化に伴う渋滞を解消したいという狙いがあります。

このようにタイ国内では鉄道網が広がってきているため、電車を利用して通勤をする人々も増えてきています。そのような背景から、駅周辺へ移住する需要が考えられるため、駅周辺の物件の価格が値上がりする可能性があると言えますね。

 

タイ国内に日本人が多いため、情報収集がしやすい

タイ国内には日本人が非常に多いです。現地の日本人不動産業者を見つけることもたやすく、タイに住む日本人のブログやYoutubeチャンネルも数多く見受けられます。現地の日本人が多いため、タイに関する情報を収集しやすいため、その点が大きなメリットとなっています。

海外不動産投資で主に立ちはだかる壁として「言語の問題」がありますが、日本からでも現地の雰囲気を感じ取りやすいため、言語の問題を解消できます。時差も2時間しかないので、現地の人とSkypeなどを通じてコミュニケーションを取るのも容易でしょう。

 

タイの不動産市場の透明度が高い

JLLが2年に一度発表する世界各国の不動産市場データを参照すると、タイの市場透明度はかなり良くなっています。

世界の中では38位ですが、ASEAN内では3位を記録しています。

さらに今後も透明度は向上していくという調査結果が出ており、透明度が高いことで投資家が多損するという事態に陥ることが低く、安心が担保されている投資市場と言えるでしょう。

 

タイの不動産に投資するデメリット

メリットを確認したところで、次はタイの不動産に投資するデメリットをご紹介します。

 

タイの不動産に投資するデメリットは次の3つです。

  • 地味な内装だと失敗する可能性がある
  • タイの現地の住宅ローンは使えない
  • タイの経済は海外経済の影響を受けやすい

 

以上、それぞれ1つずつ確認していきましょう!

 

地味な内装だと失敗する可能性がある

高利回りな物件でも需要がなければ居住者が見つからないまま損をしてしまうことになりますよね。タイ人のオーナーは住宅の内部装飾にこだわりを持つ方が多く、豪華な内装であればあるほど成約率があがります。

元々そこまで住宅の内装にお金をかけているわけではありませんが、住みたいと思えるような住宅作りをするように心がけているタイ人のオーナーは多いです。

人気の物件であっても内部装飾が地味であれば、センスのある内装のある物件と比較されてしまい、借り手が見つからなくなる恐れがあるため、物件の内部装飾にはこだわるようにしましょう。

 

タイの現地の住宅ローンは使えない

為替取引のリスクを避けるために、現地の金融機関でローンを組みたいと考える方も少なくないでしょう。しかし、タイの国内には2020年12月現在は外国人が使える現地のローンはありません。

ローンを利用したい場合は、日本国内の金融機関の融資を利用することが必要です。タイ現地での2件目以降の投資であれば、タイ国内で継続的で安定した収入が得られた場合は、ローンが利用できる可能性はあるため、現地に確認を取るようにしましょう。

 

タイの経済は海外経済の影響を受けやすい

タイのメインとなる産業は製造業観光業です。製造業の業績は海外への輸出に依存しているため、海外経済の影響を受けやすい環境にあります。

特に、欧米の経済動向がタイに与える影響は計り知れません。現在は新型コロナウイルス感染症の影響により、観光客は激減していますが、このような状況がタイの観光業に与える負の影響も計り知れないものとなっています。

 

タイの不動産に投資するのにおすすめのエリア3選

ここまでで、タイの不動産に投資する場合のメリット・デメリットを解説してきました。

本記事を読んでタイの不動産に投資をする気になった方に向けて、おすすめのエリアを3つご紹介します。

 

タイの不動産に投資するのにおすすめのエリアは次の3つです。

 

バンコク

タイの首都であるバンコクは、タイの政治・経済・文化の中心地であり、大都会のにぎわいと仏教文化が調和した都市です。

近年では、「東南アジアのハブ」と呼ばれる国際都市へと進化を遂げており、不動産投資のマーケットとしても人気が高くなりました。

バンコク自体は熱帯に位置しているため、1年を通じて最高気温は30度越えで、最低気温も25度前後を保つ常夏の国です。

日本とは異なりバンコクの季節は3つに分かれており、5-10月が蒸し暑い雨季・11-2月が涼しくて過ごしやすい乾季・2-5月は雨が降らず非常に高温になる暑期となっています。

もし、バンコクへ現地の情報収集がてら旅行へ行くとすると、11-2月の季節を狙って行くと非常に過ごしやすい気候で観光することができるでしょう。

 

プーケット

プーケットとは、バンコクから南へ約860kmの場所に位置するタイ最大の島です。1年を通じてマリンスポーツやゴルフを楽しむことのできる世界有数のリゾート地であり、世界中の観光客から愛されています。

観光客に人気のマリンスポーツ以外にも、島の中の8割は山が占めているので、トレッキングなどのアウトドアアクティビティも盛んです。また、プーケットで最も賑やかなパトン・ビーチでは娯楽施設が続々とオープンしていて、都市でショッピングをするような楽しみ方もできます。

近頃は中国人投資家による需要が高まっていて、そのほかにも外国人やタイ人の富裕層が不動産に投資することに拍車をかけています。海に近ければ近いほど不動産の需要は高くなる傾向があるため、プーケットの不動産価格は比較的高い傾向にあります。

プーケットの季節は、乾季(11-3月)・暑期(4-5月)・グリーンシーズン(6-10月)に分かれています。11-3月ごろの気候が最も過ごしやすく、マリンスポーツをやりに行くなら乾季にいくようにしましょう。グリーンシーズンはスコールの季節ですが、一日中雨が降っているわけではありません。

 

シラチャ

シラチャは、タイの日本人街と称されています。中心地はタイランド湾に面していて、高級リゾート地パタヤと県庁所在地のチョンブリーの中間にあります。

首都のバンコクから車で約2時間かかり、地元の空港からは1時間20分程度の場所にある人口22万人のごく小規模な街です。

以前は漁村でしたが、現在は農業と工場が主要な産業となっていて、三菱電機やブリジストンなど多数の日本企業がこの土地に進出しています。

多くの日本企業進出により、世界でも有数の日本人居住街として有名な土地になりました。

 

タイの不動産に投資するときは情報収集を怠らないようにしよう!

タイに限らず不動産投資をする場合は情報収集を怠らないように、気をつけてリサーチを続けましょう。

タイであれば現地の日本人も多いため、情報収集がしやすく、他の諸外国と比べた時に安心して不動産投資ができるでしょう。

バンコクやプーケットなど、観光地として非常に栄えているにも関わらず、物価が日本の半分以下なので非常に暮らしやすいですね。

あなたがタイの不動産投資で成功できることを祈っています。

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る