D3LLCが30億円規模のファンドをセカンドクローズ バイオ・創薬・デジタルヘルス分野に投資

ニュースのポイント

  1. D3LLCが30億円規模の1号ファンドをセカンドクローズしたと発表した
  2. 医療健康に資するスタートアップを対象に出資・経営支援を行う
  3. 同社代表パートナーの永田智也氏は2021年より投資活動を加速していく、とした

30億円規模の1号ファンドをセカンドクローズ


ヘルスケア領域に特化した投資・事業・コンサルティング会社のD3LLCは、12月24日、30億円規模の1号ファンド「D3バイオヘルスケアファンド1号投資有限責任社員」のセカンドクローズを行ったと発表した。

バイオ創薬やデジタルヘルス・ヘルステック領域を中心に、医療健康に資するスタートアップを対象に出資・経営支援を行う。特に、日本だけにとどまらずに、世界市場まで視野に入れる企業への支援を重視するという。

2021年より投資活動を加速

「日本発・世界の医療健康に貢献」をミッションに、領域特化型かつグローバルスタンダードのバイオ・ヘルスケアベンチャー投資支援に取り組む同ファンド。

これまでにも、新モダリティのバイオ創薬、医療機関向けSaaS、新規機能性素材を用いた製品開発などに取り組むスタートアップに出資しているが、2021年より投資活動を加速していく。

同社代表パートナーの永田智也氏は、「日本のサイエンスや起業アイデアには、世界に通用するものが多々あると確信しています。国内企業・海外有力投資家らとも連携し、我々自身がイノベーターとして、チャレンジを続けてまいります」と述べている。

D3LLC
2017年に創業したヘルスケア領域特化の、投資・事業・コンサルティング会社。「世界の医療健康への貢献」をミッションに、有望な科学技術シーズや事業アイデアへの資金提供にとどまらず、経営者とともに有意義なプロダクト・サービスの創造とそれらを顧客に届けるためのビジネスモデルの構築を通じて、科学技術・アイデアの社会実装を目指している。参考:WMR Tokyo シリアルアントレプレナー

関連記事

ページ上部へ戻る