フリーランス向け報酬即日払いサービス『先払い』が『マネーフォワード クラウド請求書』とのAPI連携を開始

ニュースのポイント

  1. 『マネーフォワード クラウド請求書』で作成した請求書情報を利用して『先払い』への申込みが可能に
  2. 『先払い』は、2020年10月にリリースされてから申込件数は5,000件を突破し、70%以上がリピートしている
  3. 今回の連携により、数クリックでの申し込みが実現し、フリーランス・個人事業主が業務に専念できる環境を提供する

『マネーフォワード クラウド請求書』で作成した請求書情報を利用して『先払い』への申込みが可能に

引用元:PR TIMES

フリーランス向けの報酬即日払いサービス『先払い』を提供しているyup(ヤップ)株式会社は21日、株式会社マネーフォワードが開発するクラウド型請求書管理ソフト『マネーフォワード クラウド請求書』とのAPI連携を同日より開始したことを発表した。これにより『マネーフォワード クラウド請求書』で作成した請求書情報を利用して『先払い』への申込みが可能となった。

『先払い』は、取引先に送った入金前の請求書情報を登録すると、報酬を即日で受け取ることができる日本最大級のフリーランス向けオンライン型ファクタリングサービスだ。2020年10月にリリースされてから申込件数は5,000件を突破し、70%以上がリピートしている。

API連携の背景としては、これまでは『先払い』を申し込む場合、取引先に送った請求書をPDF化もしくは画像化してアップロードし、さらに申請フォームに各種項目の入力が必要なことから、手続きに要する時間と手間がかかってしまっていた。本連携により、『マネーフォワード クラウド請求書』で作成した請求書情報が利用可能になり、請求書のPDF化や画像化、データのアップロード手続きの手間を省き、数クリックでの申し込みが実現。フリーランス・個人事業主が業務に専念できる環境を提供する。

API連携
ソフトウェアコンポーネントが互いにやりとりするのに使用するインタフェースの仕様です。要するに、APIとはソフトウェアの機能を共有することを意味します。「APIを公開する」とは、ソフトウェアの一部を公開することで外部とやり取りをする窓口を作り、外部とコミュニケーションや機能連携が出来る状態にすることを指します。ソフトウェアの一部を公開することによって、アプリケーション同士で連携することが可能になります。参考:arara messaging solution
ファクタリングサービス
売掛金(売掛債権)を譲渡して現金化できるサービスを言います。売掛金とは、まだ入金されていない代金のことです。参考:freee

関連記事

ページ上部へ戻る