中国のアグリテック「極飛科技」、百度などから190億円を調達 資金調達額はアグリテック業界の中では過去最高

ニュースのポイント

  1. 中国のアグリテック企業、極飛科技が11月16日、百度傘下の投資ファンドなどから190億円を調達したと発表した。
  2. 調達資金は、研究開発や製造のレベルアップに役立てるという。
  3. 今回、調達した資金調達額は、中国のアグリテック企業が調達した金額として最高額とのこと。

中国のアグリテック企業が、百度資本などから190億円を資金調達

引用元:36kr.jp

農業用ドローンなどを手がける中国のアグリテック企業、極飛科技が11月16日、検索大手の百度傘下の投資ファンド、百度資本と、ソフトバンク・ビジョン・ファンドが主導する投資家グループから総額12億元(約190億円)を調達したと発表した。資金調達額は、中国のアグリテック企業が調達した金額としては最高額という。

極飛科技の創業者でCEO(経営最高責任者)の彭斌氏によれば、今回調達した資金は研究開発や製造のレベルアップ、販売チャネルやサービスの改善、無人化農場の建設などに投じるという。同社は、現在の無人化された農業エコシステムを強化し、効率的な生産方法で労働力不足や高齢化問題を解決に導く道筋を描く。

同社は2007年に広東省広州市で創業。コンシューマー向けの汎用ドローンや物流へのドローン活用などからスタートしたが、その後、農業分野に特化したアグリテック企業へと転身した。現在は、アグリテックに特化した稀有な企業として、「無人農場」に関わる製品ラインナップの拡大に成功させている。

製品の中でも、農業用ドローンでは、ドローン最大手の大疆創新科技(DJI)と正面から競うほどの開発力がある。また、ドローンのほかにも農業用無人運転車両、農機の運転補助装置、農業向けIoT(モノのインターネット)、スマート農場の管理システムなどさまざまな事業を展開。高度に標準化されたソフト・ハード一体型のソリューションは、これまで872万戸の農家に利用され、42カ国・地域で実際に活用されてきた。

2018年に黒字化を達成 資金調達を励みにさらなる飛躍を目指す

引用元:https://qeee.jp/

今回の資金調達は、極飛科技の株式公開に向けた重要なステップと位置付けられている。また、事業強化という名目の株式公開だけでなく、農村部のチャネル開拓や、農業現場におけるロボット技術の応用強化の狙いもあるという。

百度資本の総経理(社長に相当)を務める胡天航氏は、極飛科技が(農業とテクノロジーの融合という)明確なアプリケーションを持ち、長期にわたって技術を蓄積していることや、経営がすでに黒字化していることを高く評価する。

極飛科技は具体的な財務データを公表していないが、創業者の彭氏によれば2018年に黒字化を達成した。彭氏はまた、2020年の農業用ドローンの販売台数が前年の3倍に増える見込みだと説明している。

中国は世界最大級の農業大国であり、アグリテックの市場としての潜在力は大きい。ソフトバンク・ビジョン・ファンドの関係者によれば、同ファンドは農業分野へのAI(人工知能)の応用にも注目。極飛科技は中国のアグリテック企業に対する投資の第1号だという。

極飛科技
極飛科技は2007年、「世界の農業生産の効率を向上させる」を使命に広東省広州市で創業したアグリテック企業。「無人農場」に関わる製品ラインナップの拡大に成功しており、農業用ドローンや農業用無人車両、農業用機会支援駆動装置などを販売している。参考:36Kr Japan
アグリテック
アグリテックは、農業とテクノロジーを組み合わせた造語。従来の農業における課題をドローンやビッグデータ、IoT、ブロックチェーンなどの最新技術で解決する意味合いがある。参考:IDEAS FOR GOOD
ソフトバンク・ビジョン・ファンド
ソフトバンク・ビジョン・ファンドは、ソフトバンクグループの100%子会社、英SB investment Advisers(UK) Limited (SBIA)が運営するファンド。テクノロジーの活用により、各分野を牽引する成長企業への投資を通じ、AI革命を推し進めている。参考:ソフトバンク
大疆創新科技
大疆創新科技は、広東省深圳市に本社を構えるドローンの世界的メーカー。同社が製造するドローンはさまざまな場面で活躍しており、2018年11月に米カリフォルニア州で発生した大規模な森林火災では、広範囲に渡る火災の状況把握に使われ、火災被害の拡大防止に貢献した。ドローン関連技術の開発について進めており、日本を含む世界各国で数多くの特許申請を出願している。参考:M&AOnline

関連記事

ページ上部へ戻る