YouTube、ショッパブル広告導入へ インスタグラムやTikTokに対抗

ニュースのポイント

  1. YouTubeに商品を直接購入できるという新機能が追加される
  2. Facebookと傘下のインスタグラム、そしてTikTokなどへの対抗策として導入される
  3. 動画サイトはソーシャルeコマースマーケットへと進化を遂げようとしている

YouTubeに商品を直接購入できるという新機能が追加される

インスタグラムのショッパブル機能 引用元:PR TIMES

YouTubeの親会社であるGoogleは1月第4週、新しいショッピング機能「ショッパブル広告」をYouTubeに試験導入することを正式発表した。これはモバイルユーザーやウェブユーザーがカートをクリックすると視聴中の動画に関連した商品リストに誘導され、そこで商品を直接購入できるという新機能だ。この春に一部のクリエイターおよびブランドアフィリエート向けにローンチされる。

動画上でブランドが直接広告を打てるショッパブル広告はすでに2015年には誕生しており、YouTubeでもかねてから導入が期待されていた。eコマース市場で存在感を強めてきたFacebookと傘下のインスタグラム、そしてTikTokなどへの対抗策として、今回ようやく導入された形となった。背景にはYouTubeにおけるツール開発の進展がある。これまで、同社は2020年10月にShopify(ショッピファイ)との新たな統合に試験的に着手したほか、動画上の商品ブランドにタグ付けすることを1年がかりでインフルエンサーに推奨してきた。

eコマースの評価とレビューをホスティングするバザールボイス(Bazaarvoice)の製品担当エグゼクティブバイスプレジデントを務めるルーカス・ティールマン氏は、「消費者の多くが在宅を強いられ、動画ポスト経由でショッピングを楽しむ傾向が高まっている今、YouTubeの新機能追加は良いタイミングだ」と分析。同氏は、「動画シェアサイトの元祖とも呼ぶべきYouTubeがショッパブル広告に参入するのは当然だろう」とした上で、「クリエイターとブランドがショッピングにフォーカスした長尺のYouTube動画を制作する契機にもなる」と付け加えた。

インスタグラムでは先頃、導入したIGTVやリール(Reels)といった機能は、やはりユーザーが動画をタップして商品を直接購入できるもので、これによりインスタグラムはオンラインショッピングサイトとしてのポジションを確立しつつある。TikTokも独自のeコマース広告機能を導入している。動画サイトはこれまで、ユーザーエンゲージメントに焦点を当ててきたが、今やソーシャルeコマースマーケットへと進化を遂げようとしていると言えるだろう。

Shopify
カナダのオタワに拠点を置くShopify社(Shopify Inc.)が運営するeコマース用のプラットフォーム。オンラインストアのテンプレートやPOSシステムを含む。Shopify社はオンラインストアをインターネットに展開するうえで、個人や小規模の小売業者に対して、支払い、マーケティング、出荷、en:customer engagement(顧客との関係構築)のためのツール群を提供している。参考:Wikipedia
インフルエンサー
世間に与える影響力が大きい行動を行う人物のこと。その様な人物の発信する情報を企業が活用して宣伝することをインフルエンサー・マーケティング(SNSマーケティング)と呼んでいる[2]。従来の有名人やタレントといった知名度があって多数のフォロワー数を持つインフルエンサーと比べ、フォロワーが相対的に少なく万単位に満たない場合は『マイクロインフルエンサー』と呼ばれる。参考:Wikipedia
eコマース
インターネットなどのネットワークを介して契約や決済などを行う取引形態のことで、インターネットでものを売買することの総称である。「eコマース」の「e」とは、「Electronic」の略であり、「eコマース」とはつまり、「Electronic Commerce」のことである。また、「eコマース」の「e」には小文字が当てられているのには理由があり、単語の先頭が小文字で始まると、何かやってくれる、格好いいというイメージとは別に、科学の電子は通常「e」と小文字で表現することが由来になっていると言われている。参考:ecclab

関連記事

ページ上部へ戻る