グローバルアドテック市場は2027年までに安定的な成長を遂げる Statistify Market Reserchの調査

ニュースのポイント

  1. Statistify Market Reserchの調査によると、グローバルアドテック市場は活況を呈しており、2027年まで安定的な成長を遂げるという
  2. 高度な分析サービス市場は、業界のみならず、国際経済も激化させている。
  3. 今回発表のグローバルアドテック市場に関するレポートは、市場の見通しだけでなく、価値、市場シェア、今後数年間の開発計画などを定義、説明する

グローバルなアドテック市場は活況を呈しており、2018年から27年まで成長を遂げる

引用元:statistifymarketresearch.com

Statistify Market Research によって明らかにされた高度な分析サービスに関する研究は、市場の成長に影響を与える側面に基づいて、世界的に市場で特定されている基本的なデータの明確な全体像を示している。Statistify Market Research が発表した最新の調査レポートによると、インターネット広告の技術であるグローバルアドテック市場は活況を呈しており、2018年から2027年までの予測期間にわたって成長を遂げると予想されている。

グローバルなアドテック市場は、国際経済の激化に寄与

 

引用元:pixabay.com

アドテック市場は、業界だけでなく、国際経済も激化させています。レポートは、そうした業界の現状と見通しの側面を組み合わせて、全ての利害関係者の成長への道を提供し、条件を活用することを明らかにしている。これは、ユーザーが特定の領域で生態学的成長を達成するのを支援することが目的だ。これには、現代の傾向、差し迫った機会、課題、および推進力の詳細な分析が含まれており、ユーザーが特定の領域で生態学的な成長を達成できるよう支援することも目的としている。すべてのサブマーケットは、個々の成長傾向と業界全体への貢献でカバーされていているほか、既存の幻想的で現在の市場の状況によるよく整理されたレポートは、いくつかのサブリージョン、タイプ、プレーヤー、およびアプリケーションとともに、主要な地理的リージョンの分析を対象としている。

競争の概要は、SWOT、市場のプレーヤーに関連する会社概要、製品の写真、財務の詳細、業界の方針、輸出入シナリオ、生産能力、チェーンが特徴。また、市場規模の評価を追加する。

さらに、アドテック市場に関するレポートは、業界の主要な地理的地域に焦点が当たっており、北アメリカたヨーロッパ、中国、アジア太平洋、中米アメリカ、中東アフリカといったサブマーケットに分類される。レポートでカバーされているのは、タイプ、サイズ、分析、シェア、トレンド、アプリケーションとなっている。

レポートは、成長につながる投資計画にも着目

引用元:pixabay.com

さらに、このレポートは、収益計算に向けた市場の見通しを提供するだけでなく、業界の目を引く投資計画にも着目した。レポートによると、確立された発展途上の地域での高度なアドテック市場に対する需要の高まり、エンドユーザー産業の浸透の増加、および最新の技術開発はすべて、市場の成長を推進しているという。業界の予測期間全体に影響を与える可能性のある市場のダイナミクスと特徴的な要因が、調査によって明らかにされている。

加えて、レポートでは、ポイントツーポイントの構造とフローチャートを使用して、製品のプロトタイプ、製造方法、研究開発開発段階など、生産に関連する要素を説明している。さらに、すべての主要な地域にわたるインポート/エクスポートデータもこのレポートに含まれる。ポーター分析、PESTEL分析、市場の魅力により、レポートの内容はわかりやすい形式になっているとのこと。

 

Statistify Market Research
Statistify Market Researchは、インドを拠点とする市場調査、コンサルティング企業。中小企業や大企業に対し、市場調査を通じて、定量的および定性的なデータを提供している。具体的には、自動車や医薬品、ヘルスケア、半導体、ICTなど主要顧客は多分野に渡り、ニッチ市場の動向やイノベーショントレンド、消費者調査などをカバーする目的で、競合分析や研究、開発分析、需要予測を手がけている。参考:Statistify Market Research
アドテック市場
アドテック市場は、インターネット広告媒体の枠の売買を最適化する技術「アドテック」に関する市場を意味する。オンライン上で収集したデータを活用し、個人の属性や行動パターンに応じたターゲットを可能にするアドテックは、企業のデジタルマーケティングやデータアナリティクスといったコンサルティングサービスの市場に進出しつつあり、それに伴い、アドテック市場も右肩上がりが将来的に続くと言われている。参考:ITソリューションフロンティア2018年6月号
リージョン
リージョンは、データセンターが存在する独立した地域を意味する。1つ1つのリージョンは地理的に離れた場所に設置されており、大手のクラウドベンダーであれば、日本国内、世界各国に複数のリージョンを運用している。参考:クラウドナビ
PESTLE分析
PESTLE分析は、ビジネスやマーケティング企画で使われる、外部環境を分析するためのフレームワークである。政治、経済、社会、技術、法務、環境の6つの視点から、ビジネスや置かれている環境を分析し、ビジネス判断に役立てる目的がある。参考:Workship

関連記事

ページ上部へ戻る