ピアツーピア貸付市場、2027年まで29.7%の年平均成長率が予測される

ニュースのポイント

  1. ピアツーピア貸付市場は2019年に約680億ドルと評価されている
  2. さらに2020年から2027年の間、29.7%の年平均成長率が予測さている
  3. 今後インドでは予測期間中に最も高い成長率を見せる可能性がある

2020年から2027年の間、29.7%の年平均成長率が予測さている

引用元:PR TIMES

市場調査会社のReportocean.comは「ピアツーピア貸付市場調査レポート」を追加した。 成長ドライバー、市場機会、課題、競争環境、ピアツーピア貸付業界の脅威など、主要な市場のダイナミクスに焦点を当てて作成されている。同レポートによると、世界のピアツーピア貸付市場は2019年に約680億ドルと評価され、さらに2020年から2027年の間、29.7%の年平均成長率が予測さている。

ピアツーピア(P2P)貸付は、マーケットプレイス貸付とも呼ばれ、債権者が中小企業や個人の借り手にさまざまな金額を貸し出すことを可能にするオンライン債務融資の方法だ。 P2P貸付取引は、借り手にとって経済的であるだけでなく、個人向け貸し手にとっても有益な投資機会となる。さらに、個人が他の個人にローンを提供したり、ローンのプールに参加したりできるため、市場リスクが制限されている。 P2P企業は独自の資金を貸し出しはしておらず、借り手と貸し手の両方の仲介者として機能している。

低い運用コストと貸し手と借り手の最小の市場リスクは、市場の成長を推進する主な要因となっている。さらに、銀行セクターのデジタル化により、従来の銀行システムに対する透明性が高まり、市場の成長が促進されることも予想される。ただし、すべてのお金を失うリスクと、ローン処理に関する厳格な政府規制の実施、および人口の間でのP2P融資のメリットに対する認識の低さが、市場の成長を妨げている。

世界のピアツーピア貸付市場は、2019年中国によって支配されていた。これは、中国でのオンライン市場貸付の増加と、代替資金調達プロセスにおける投資家と借り手の間の知識の増加によるものが考えられる。しかし、今後インドでは新興企業の増加とデジタル貸付の浸透の増加により、予測期間中に最も高い成長率を見せる可能性がある。

ピアツーピア
複数のコンピューター間で通信を行う際のアーキテクチャのひとつで、対等の者(Peer、ピア)同士が通信をすることを特徴とする通信方式、通信モデル、あるいは通信技術の一分野を指す。P2Pと略記することが多く、以下本項目においてもP2Pとする。参考:Wikipedia

関連記事

ページ上部へ戻る