『お金の健康診断』を運営する株式会社400F、計2億円のシリーズA資金調達を実施

ニュースのポイント

  1. 『お金の健康診断』を運営する株式会社400Fが計2億円の資金調達を行った
  2. さらにフィンテック企業株式会社MFS、キャリアのパーソナルトレーニングを提供するポジウィル株式会社と業務提携を行った
  3. 同社は「『お金の健康診断』を、お金の悩みを包括的に解決できるプラットフォームにしていく」と語っている

『お金の健康診断』を運営する株式会社400Fが計2億円の資金調達を行った

引用元:https://400f.jp/

お金のオンラインチャット相談プラットフォーム『お金の健康診断』を運営する株式会社400Fは12月24日、合計2億円の第三者割当増資による資金調達の実施を行ったと発表した。同社によると、引受先はDIMENSION株式会社(本社:東京都千代田区、代表:宮宗 孝光)、The Breakthrough Partners GO FUND(本社:東京都港区、代表:三浦 崇宏/福本 龍馬/小池 藍)、株式会社ロイヤリティ マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表:長谷川 剛)、 並びにエンジェル投資家ら。同社は10月にマネーフォワード、グッドパッチから資金調達を行ったばかりだ。

また、同時に住宅ローン&不動産投資ローンに特化したフィンテック企業株式会社MFS(本社:東京都千代田区、代表:中山田 明)並びにキャリアのパーソナルトレーニングを提供するポジウィル株式会社(本社:東京都港区、代表:金井 芽衣)と事業提携したことも発表された。

同社は2017年11月の設立以来、「お金」をテーマに生活者向けサービスの事業企画・開発に取り組んできた。お金のオンラインチャット相談プラットフォーム『お金の健康診断』は、リリース後およそ2年で累計利用者数が10万人を突破している。

資金調達および事業提携の背景と目的

引用元:PR TIMES

今回の引受先である、DIMENSIONは株式会社ドリームインキュベーターが100%の持分を保有しており、これまでも数多くのベンチャー投資育成を行っているベンチャーキャピタルだ。The Breakthrough Partners GO FUNDは国内最高水準のクリエイティブでビジネス成長を実現させるための広告・事業開発業のThe Breakthrough Company GOと共に創られたベンチャーキャピタル。GO FUNDの参画により今後お金の健康診断のマーケティング/ブランディングの強化を図る狙いだ。また、ロイヤリティ マーケティングは日本最大級のポイントサービスであるPontaを運営しており、今回業務提携も締結することで今後ポイント経済圏×金融アドバイスの領域でのビジネス推進を行う方針。具体的にはロイヤリティ マーケティングがデータマーケティングで培ってきた分析力でユーザーの傾向を分析し、より最適なアドバイスにつながる機能開発などを行う予定とのこと。また、金融機関向けの新たなサービスの検討・開発も予定している。

また、フィンテック企業MFS、キャリア支援企業ポジウィルとの業務提携により、住宅ローンにフォーカスを当てて、より良いライフプランにおける選択肢を提供することや、キャリアアップによる収入向上の可能性を目指すための支援も強化していくとしている。また、同社は「先日発表したクラウドローンとの提携に加えて、強力なパートナーの参画により今後『お金の健康診断』をユーザーのお金の悩みを包括的に解決できるプラットフォームにしてまいります。」と述べている。

株式会社400F
400Fは、ロボアドバイザー”THEO”を運営する「お金のデザイン」の子会社。「お金の健康診断」は、自分の家計や投資・保険など、身の回りのお金に関するオンライン診断が
受けられ、自分の悩みにピッタリのプロのファイナンシャルプランナーとマッチングして、無料のチャット相談ができるサービス。 代表取締役は中村仁氏。参考:Loan DEAL
エンジェル投資家
創業間もない企業に対し資金を供給する富裕な個人のことである。投資の見返りとして株式や転換社債を受け取ることが一般的である。エンジェル同士でグループを形成し、情報の共有や共同出資を行う動きも見られる。エンジェルという用語は、英国で演劇事業に資金供給する富裕な個人を表現した言葉に由来する。参考:Wikipedia
クラウドローン株式会社
ネットで簡単に個人でも銀行から低金利な融資が受けられる、個人と銀行を結ぶ融資のマッチングプラットフォーム「クラウドローン」を提供。
融資に関するオウンドメディア「かしこいローンの使い方」を運営。
経済的な安定を必要とする人々を融資でつなぐ、「なめらかな金融プラットフォーム」を提供することを使命とする。参考:INITIAL

関連記事

ページ上部へ戻る