あせまねライフが株式投資体験アプリを利用した社員研修サービスを4月にスタート

引用元:PRTIMES

ニュースのポイント

  1. あせまねライフが2月23日、4月から株式投資体験アプリ「賢者のポートフォリオ」を利用した社員研修サービスを証券会社の社員などに向けにスタートすると発表した
  2. 賢者のポートフォリオは、あせまねライフが開発した、すごろくゲームの体裁を取った株式投資体験アプリ
  3. 新たなサービスとして提供する社員研修サービスは、既存の社員研修とは並行する形で、業務時間外に複数回の演習を実施する期間約3か月の研修プラン

株式、債券、投信の基礎教育を施すローププレイングを実施

社員研修サービスとしての提供を予定する賢者のポートフォリオ 引用元:prtimes.jp

金融教育アプリを開発するあせまねライフは2月23日、「賢者のポートフォリオ」を活用した社員研修サービスを証券会社等の社員向けに2021年4月から提供する予定であることを発表した。新型コロナウイルス禍でリモート環境が主流になる中、時流に合わせた教育サービスを金融関連会社に提供し、市場開拓を図る狙い。

「賢者のポートフォリオ」は、あせまねライフが開発した、すごろくゲームの体裁を借りた株式投資体験アプリ。スマートフォンやパソコンで、時間や場所を問わず、それぞれの履修者のペースで学習を進められる特徴がある。履修者は、過去の様々な金融経済市場の環境下における実データに基づいた銘柄選択を、双六様式のゲームで繰り返し体験するうちに、実践的な知識と思考力を修得できることをアプリの強みとしている。

同社は、賢者のポートフォリオを提供する中、ETF市場やロボアド・サービスの台頭などを背景に個人投資家にさらなる運用の知識やスキルが求められていることに着目。新型コロナ禍でリモート環境が一般的になっていることもあり、教育テクノロジーを強化する一環として、今回のサービス提供を決めた。

今回、提供を始める社員研修サービスは、既存の社員研修と並行して行い、業務時間外に複数回の演習を約3カ月にわたって実施するプラン。新入社員研修のほかに、入社後数年以内の社員のフォローアップ研修や内定者の入社前研修での利用を想定している。

同サービスは、各回の演習で、履修者は対象となる館のクリア時に獲得した累積ポイントの最高値などを他の履修者と競い合う形式を取る。演習の説明・進行はあせまねライフが履修者に直接案内を行い、途中結果や最終順位などの通知も実施する。

業界特性に合わせたサービス提供も検討している。証券会社では、業界スキルを身につけるため、株式・債権・投信などの基礎知識の教育を施す投資のロールプレイングを実施。教育xテクノロジー(EdTech)の領域では、個々人に合わせた教育や、ゲームのように夢中にさせる仕組みであるゲーミフィケーションを活用した教育プログラムへの活用を見込んでいるという。

あせまねライフ
あせまねライフは、2018年に創業した金融教育アプリ開発企業。証券・資産運用会社で勤務経験のある経営陣によって運営されており、すごろく形式の投資体験アプリ「賢者のポートフォリオ」を提供している。参考:PR TIMES

関連記事

ページ上部へ戻る