ツイッターCEOのジャック・ドーシー氏、ビットコインのノードを起動

引用元:coinpost
ツイッター社SEOのジャック・ドーシー氏 引用元:Forbes JAPAN

ニュースのポイント

  1. 米ツイッター社のCEOであるジャック・ドーシー氏がビットコインのフルノードを稼働させた
  2. MacbookのM1チップ使用してノードをセットアップしていると説明している
  3. 同氏はトランプ元大統領のツイッターアカウント凍結が波紋を呼んだ際にも、分散型であるビットコインの仕組みを称賛している

ビットコインノードソフトウェアのスクリーンショット画像を自身のツイッターに投稿

引用元:Twitter

米ツイッター社のCEOであるジャック・ドーシー氏が暗号資産ビットコインのフルノードを稼働させたことを自身のツイッターに投稿した。2月5日のツイートには、ビットコインノードソフトウェアのスクリーンショット画像が添付されており、ビットコインブロックチェーンチェーンの履歴をダウンロードしているプロセスであることが分かる。ビットコインの全ブロックチェーン規模は、現在約325GBと巨大なものになっているため、ダウンロードにはある程度時間がかかると予測されるが、完了すればドーシー氏も、ビットコインネットワークの検証に貢献を始めることができる見込みだ。

同期プロセスは、コンピュータやインターネット速度によっては数週間かかる場合がある。スクリーンショットをみると、これまでのところ、チェーンの2%しか同期できていないようだ。また、ツイッターユーザーから、フルノードを低価格で設置できるコンピュータ「raspberry pi」を使ったのかと聞かれ、 ドーシー氏は「MacbookのM1チップを使用した」と答えている。

ドーシー氏は以前から、ビットコイン支持で知られる著名人の一人で、同じくCEOを務めるスクエア社は昨年、5,000万ドル(約52億円)分のビットコインを購入している。アナリストはスクエア社の動きは「ビットコインの将来への強い支持表明」だとしていた。さらに、今年1月にはトランプ元大統領のツイッターアカウント凍結が波紋を呼んだ際にも、ドーシー氏は一連のツイートの中で、分散型であるビットコインの仕組みを称賛した。ビットコインを強く支持する理由として、「特定の人物や団体にコントロールされていない、非中央集権的なインターネット技術を示すものだから」とした上で、「将来はインターネットのより多くの部分がそのような形になるだろう」と意見している。

ジャック・ドーシー
アメリカ合衆国の起業家、実業家、ソフトウェア・デザイナー。エヴァン・ウィリアムズらと共にTwitterを創業した。現在は同社の共同創設者兼CEOを務めている。日本の禅寺庭園の愛好家である。瞑想を日々の習慣としている。参考:Wikipedia
フルノード
ノードは英語で「node」と書き、「節・結び目」といった意味を持ちます。IT用語でノードというときには「ネットワークの中継点・拠点」という意味になるでしょう。
ビットコインは共有ネットワーク上でやりとりがなされ、必ずノードが必要になります。ノードになるためには特別なことは必要ありません。仮想通貨のネットワークに接続しているコンピュータのことを総称してノードといいますので、ただネットワークに接続して仮想通貨を利用しているだけでもノードとなります。
ノードにはマイニング・ウォレット・ルーティング・フルブロックチェーンデータという4種類があります。この4種類の機能を全て兼ね備えているノードがフルノードです。また、単にフルブロックチェーンデータを保有しているノードのことをフルノードと呼ぶこともあります。フルブロックチェーンとは全ての取引情報を保有・管理・共有している状態のことです。基本的に公式ウォレットは全ての取引情報をダウンロード(同期)するので、フルノードと呼べます。Electrumなどの軽量型ウォレットではブロックチェーンの同期は必要ないので、フルノードではありません。参考:bitwallet
スクエア社
カリフォルニア州サンフランシスコに本社を構えるマーチャントサービスアグリゲータおよびモバイル決済企業である。Square RegisterとSquare Walletといったアプリケーションやサービスを売りだしており、2009年にジャック・ドーシーとジム・マッケルヴィが設立し、最初のアプリケーションとサービスがスタートしたのは2010年の事だった。アメリカ合衆国、カナダ、日本の利用者や店員がiOSやAndroidが動くスマートフォンやタブレットをデビットおよびクレジットカードとして使用することが出来る。またこのアプリケーションでは主導的にカードの詳細データを入力することやSquare Readerという対応スマートフォンやタブレットにあるオーディオジャックに挿して磁気ストライプを読み取る小さいプラスチック製端末に通してカードをスワイプすることが出来る。Square RegisterアプリケーションのiPadバージョンでは、インターフェイスが従来のレジに似ている。参考:Wikipedia

関連記事

ページ上部へ戻る