ビットコインの価格がバブル期超え 対照的に伸び悩むアルトコイン

ニュースのポイント

  1. ビットコインの価格は2020年12月上旬、ドル建てで17年のバブル期の水準を超えた
  2. 新型コロナウイルスによる景気低迷などを背景に、資金流入が続いているのが主因
  3. ビットコインが価格成長を続ける一方、イーサリアムやリップルといったアルトコインは伸び悩み、銘柄ごとの格差が浮き彫りとなっている

ビットコインの価格がドル建てで最高値を更新

引用元:nikkei.com

代表的な暗号資産(仮想通貨)、ビットコインの価格上昇の勢いが増している。2020年上期からじわじわと右肩上がりを続け、2020年12月には一時、ドル建てで最高値を更新、17年の「バブル期」の水準を上回った。新型コロナウイルス禍を背景とする昨今のカネ余りが価格を押し上げた格好だが、ビットコイン「一強」の裏側には手放しでは喜べぬ現実も垣間見える。

「盛り上がったその年の年末年始は大きく下がる印象がある。下がったらぜひ購入したい」。

ビットコインの現状についてこう話すのは、17年に1億円以上の含み益を抱え、いわゆる「億り人」に仲間入りした30代男性だ。その後の「バブル崩壊」でいったん興味を失っていたが、またビットコインへの再投資を検討し始めたという。

ビットコイン価格は20年12月1日、一時1万9800ドル台に到達、3年ぶりに過去最高値を更新した(17年12月は1万9700ドル台)。上昇気流の支え手は、価格上昇の継続を見込んだ鼻息荒い個人投資家だけではない。積極的な投資で利益を上げるファンドの後ろ支えも大きい。

米資産運用会社のグレイスケールは20年11月、76億ドル分(約8000億円)の暗号資産を保有していると表明した。さらに、1カ月後の12月には120億ドル分(約1兆2600億円)取得していると明らかにしている。今秋以降、個人だけでなく、大量のビットコインをのみ込んで買い支える大型投資家、クジラの存在も目立ってきており、その影響が市場動向に与えている様相が顕在化している。

なぜ、この時期になって、暗号資産のマーケットに金が流入し続けているのか。ボーダレスの金融資産であると同時に、発行量に上限があることから、ビットコインそのものに価値があることが大きいだろう。

「無国籍通貨」「第2の金」「デジタルゴールド」……。ビットコインはそんな特徴を踏まえ、さまざまな呼称がつけられてきた。そして、この1年、新型コロナウイルス禍での不安定な世界経済と読みにくい市場となり、投資マーケットにおける存在感を高めつつある。

そんな中、日米欧各国は、景気後退をもたらすコロナ対策を名目に財政出動を続けてきた。市場には膨大なお金が流入し、実体経済が低迷しているのにかかわらず、資産の供給量が需要量を上回る「カネ余り」が発生。相対的な通貨安への懸念が、個人や機関投資家を株や暗号資産への投資に走らせている。

この構造は、各国がコロナ禍を克服するまで当面は続く公算が大きいという。

11月に米シティバンクが出したリポートは、ビットコインは今後、爆発的に価格上昇し、21年末までに価格が今の15倍以上になる可能性があると予想した。無論、あくまでひとつのテクニカル分析であり価格に太鼓判を押すものでも、何かの拍子で投資がしぼむリスクを否定するものでもない。

また冷静に考えれば、注目を集めているのは、投資価値の面でも、話題性の面でも、今のところビットコインだけ。取り扱うbitFlyer(ビットフライヤー、東京・港)の金光碧トレジャリー部長は「取引実績があり、信頼されているデジタル資産。その地位はこれからも揺るがない」。確かに、前述のグレイスケールが運用する暗号資産の約8割はビットコインである。

バブルの後遺症か、アルトコインは見向きもされず

他の暗号資産はどうなっているのだろうか。時価総額2位のイーサリアムは3年前のバブル期に16万円台を突破したものの、現在は6万円台(記事執筆時点)。3位のリップルも当時一時400円台に達したが、現在は60円台(同)にとどまる。ビットコインとの価格差と、17年の価格水準からほど遠いことが分かる。この現実に関して「結局、バブルを引き起こすことができたのは取引量と一定の信認を確保できたビットコインのみ。バブルに乗った側の他の通貨は、崩壊後の後遺症を引きずり、現時点でカネ余りの受け皿になる余力はない」。投資家の1人はこう断言する。

ビットコインの高騰は、各国政府の財政出動を主因とするコロナ禍の副次的効果にすぎないとの指摘も多い。少なくとも「市場全体の成熟」がずいぶん遠いことは間違いない。

億り人
億り人は、株式やFX、暗号資産といったボラティリティが高い投資商品への投資によって1億円以上の資産を築いた人を指す。暗号資産の世界では、保有するコインの価格が購入時の数十倍から数百倍へと高騰するケースも珍しくなく、若年層を含めて数多くの億り人が誕生している。参考:HEDGE GUIDE
億り人
億り人は、株式やFX、暗号資産といったボラティリティが高い投資商品への投資によって1億円以上の資産を築いた人を指す。暗号資産の世界では、保有するコインの価格が購入時の数十倍から数百倍へと高騰するケースも珍しくなく、若年層を含めて数多くの億り人が誕生している。参考:HEDGE GUIDE
クジラ
クジラは、個人ウォレットアドレスの残高が、1000BTC(約10億円)以上保有する投資家を意味する。暗号資産分析企業グラスノードによると、2020年10月現在で、クジラの数は1939頭だとされている。参考:コイネージ
デジタルゴールド
デジタルゴールドは、発行総量に上限があり、希少性が高く反インフレの性質を持つビットコインの代名詞。こうした特性は金と似ており、情勢不安などリスクオフにおける資産の逃避先として注目を集めている。参考:HEDGE GUIDE

関連記事

ページ上部へ戻る