世界最大のビットコイン投資信託、急速な資金流出で原資産価値を下回る

引用元:Bloomberg

ニュースのポイント

  1. ビットコインの世界最大の投資信託であるグレースケール・ビットコイン・トラスト(GBTC)から急速に資金が流出している
  2. 先週、ビットコインの下落率が13%だったのに対し、GBTCは20%の下落となった
  3. これにより、2017年3月以来となるGBTCの原資産に対するプレミアムは消失した

グレースケール・ビットコイン・トラスト(GBTC)、資金流出により原資産に対するプレミアムが消失

GBTC trades at discount for first time in four years

引用元:Bloomberg

グレースケール・ビットコイン・トラスト(GBTC)は320億ドル(約3兆4000億円)規模で、ビットコインの世界最大の投資信託である。先週、ビットコインの下落率は13%だったのに対し、GBTCは20%の下落とビットコインの現物より急速に資金が流出している。この結果、GBTCの原資産に対するプレミアムは消失し、24日はビットコインの価値に対し0.7%割安の価格で終了した。原資産価値を下回るのは2017年3月以来となる。

目覚ましい上昇を続けていたビットコインに投資するため、投資家はGBTCに巨額の資金を投じたが、値上がりが一服したと判断し、現在は資金の引き揚げを図っていると専門家は指摘する。ブルームバーグインテイジェンスのシニアETFアナリストであるエリック・バルチュナス氏はBloombergに対し、「これはパニックまたは利益確定の売りだ」と述べたうえで、「GBTCの価格がビットコイン価格の動向を増幅させたものであるかのようだ」と指摘した。

ビットコインは、先週末に5万8000ドル(約615万円)を超え過去最高値を更新したが、その後は大きく下落。25日には1.4%も値下がりし、週間ベースの下落率は1年ぶりの大きさとなった。

投資信託
多数の投資家から販売会社を通じて拠出された資金を、運用会社に属する資産運用の専門家(ファンドマネージャー、ポートフォリオマネージャー)が、株式や債券、金融派生商品などの金融資産、あるいは不動産などに投資するよう運用指図し、運用成果を投資家に還元する金融商品。運用による利益・損失は投資家に帰属する。投資信託は流動性のある一項有価証券である。参考:Wikipedia

関連記事

ページ上部へ戻る