Libra協会が「Libra」を「Diem」に名称変更すると発表 2021年1月ローンチの計画も明らかに

ニュースのポイント

  1. フェイスブックが主導するLibra協会が、暗号資産Libraの名称をDiemに変更すると発表した。
  2. 名称変更と併せて行われた発表では、最短で2021年1月にローンチされる計画も明らかになった。
  3. ステーブルコインの発行形式が、バスケット型から単一型への変更された。

LibraがDiemに名称変更

引用元:media.dglab.com

米フェイスブックが主導する暗号資産Libraが、Diem(ディエム)に名称変更となり、発行計画についても2021年1月を予定していることが明らかになりました。12月1日の発行団体のLibra協会が明らかにした。団体名も、Deim協会に変更された。各国が警戒を強めるLibraのイメージを払拭する狙いがあるという。

ステーブルコインの形態も単一型へ変更

2019年にその全貌が明らかとなったLibra計画。各国の規制当局や政府からの批判を受け、計画に大幅な遅れが見られていたが、今回の発表で、最短で2021年1月にローンチする予定であることが判明した。これに伴い全面的なリブランディングが行われ、発行される暗号資産の名称を「Diem(ディエム)」に変更。Diem専用のウォレットはCalibra(カリブラ)から「Novi(ノビ)」に変更となった。

Diemは、2019年の発表直後より各国の規制当局より指摘を受け、大幅な方針転換に迫られていた。今回のリブランディングに合わせて、主に2つの変更を明らかにしている。

1点目は、Diemの担保資産についてだ。2019年時点では、複数の法定通貨(USD/EUR/GBP/JPY)を担保としたバスケット型ステーブルコインとして発行されることになっていた。

しかし、今回のリブランディングにより、バスケット型から単一型へと変更され、まずは米ドルを担保にして発行されるという。変更したのは、バスケット型の場合、どのDiemがどの法定通貨を担保にして発行されたか追跡することが難しく、マネーロンダリングに利用される可能性が大きいからだとのこと。

なお、発行が予定されている担保資産は「米ドル(USD)」に加え、「ユーロ(EUR)」「英ポンド(GBP)」「シンガポールドル(SGD)」としている。構想時には入っていた日本円(JPY)が除外され、シンガポールドル(SGD)が追加された格好だ。

2点目は、運営組織となるDiem協会です。LibraからDiemへの名称変更に伴い、Libra協会もDiem協会へと名称変更されている。Diemが当時大きく話題となった要因として、Diem協会の加盟企業・団体が錚々たる顔ぶれだったことが挙げられる。具体的には、PayPalやMasterCard、VISA、Airbnb、Uber、Spotifyなど。現在は、この中だけでもPayPal、MasterCard、VISA、Airbnbが脱退している。

Diem協会は、スイスのジュネーブに本拠を構えており、Diemを発行するにはスイス金融市場監督局(FinMA)よりライセンスを取得する必要があった。今回、最短で2021年の発行計画を明らかにしたことから、このライセンスを取得できる目処が立った可能性が高いと考えられている。

 

Libra
Libraは、世界最大規模のSNSサービスを展開しているフェイスブック社が発行を主導する暗号資産の名称。銀行口座を持たない貧困層向けに、金融インフラを届けることを理念に掲げ、銀行口座がなくてもスマートフォンなどの電子機器があれば、Libraを介して物の売買できるシステムの構築を目指している。Libraの価格は、担保資産である複数種類の法定通貨により、適正に保たれる性質があり、価格変動が起きにくいという特徴を持つ一方、ハッキングによるセキュリティ被害の発生などが危惧されている。参考:ferret
Libra協会
Libra協会は、Libraの発行・管理を担う団体組織で、スイスのジュネーブに拠点を置く。会員組織であり、世界各国の信販大手や投資会社など27社が加盟している。Libraの発行基盤となるリブラ・ブロックチェーンを運用し、決済システムのセキュリティなどを担保したシステム構築を目標としている。参考:Diem
ステーブルコイン
ステーブルコインは、安定した価格を実現するよう設計された暗号資産である。価格変動が激しいビットコインなどの暗号資産とは対照的に、ほとんど価格が変わらないのが特徴だ。ドルや円といった法定通貨を担保にした法定通貨担保型、特定の暗号資産を担保にした暗号資産担保型、法定通貨や暗号資産などの担保を持たず、通貨の発行量を調整することで値動きの安定化を図る無担保型の3種類がある。参考:bitFlyer

関連記事

ページ上部へ戻る