ロボアドバイザー「FOLIO ROBO PRO」、初年度の運用実績はプラス13.99%を記録

ニュースのポイント

  1. ロボアドバイザー「FOLIO ROBO PRO」がサービス開始から1年を迎えた
  2. 初年度の運用実績はプラス13.99%だった
  3. 98.34%の人が、評価損益でプラスリターンを出している

1年間の運用実績はプラス13.99%

引用元:PR TIMES

株式会社FOLIO(東京都千代田区)が提供する、ロボアドバイザー「FOLIO ROBO PRO」が、2020年1月15日のリリースから1周年を迎えた。リリース日から2021年1月14日までの1年間の運用実績はプラス13.99%、ROBO PROの利用者のうち98.34%が評価損益においてプラスリターンを出している。

一般的なロボアドバイザーの運用実績がプラス5.51%、TOPIXがプラス8.21%であることと比較すると、ROBO PROの運用実績は群を抜いている。

相場の先読み、資産比率の変更といったROBO PROの特徴が奏功

引用元:PR TIMES

世界中で猛威を振るう新型コロナウィルスは、マーケットにも大きな影響を与え、3月には「コロナ・ショック」と呼ばれる歴史的な暴落もあった2020年。しかし、その後の急回復もあり、ダウ工業平均は過去最高値、日経平均株価も約30年ぶりの高値をつけるなど、世界のマーケットにとっても激動の1年だった。

そんな激動の1年であっても高い運用実績を残したROBO PRO。その理由について同社は、「相場の先読み、資産比率を大胆に変更するというROBO PROの大きな特徴が一因です。40以上の指標を元に相場の先を読み、様々な局面をうまく乗り切ることができたため、この1年間においてこのような結果を生むことができたと考えられます」と分析している。

 

ロボアドバイザー
人工知能(AI)が投資家に対して投資に関するアドバイス、ポートフォリオの提案や、投資家の代わりに実際に投資をするサービス。AIによる投資判断・代行が基本になるため人件費等がかからず、低コストで始められるという特徴がある。参考:みんなの株式
ROBO PRO
金融機関向けにAIによるスコアリング・システムを提供しているAlpaca社と協業して開発したロボアドバイザー。対象資産はETF(上場投資信託)で、Alpaca社のスコアリング・システムとFOLIOのポートフォリオ最適化技術を融合させ、本格的に資産運用にAIを活用している。参考:PR TIMES
株式会社FOLIO
国内株を取り扱う独立系証券会社において、約10年ぶりに新規参入し話題となったオンライン証券会社。2018年8月に本格的な事業展開を開始。テーマに投資できる日本初のサービス「テーマ投資」を展開している。参考:PR TIMES

関連記事

ページ上部へ戻る