主要ネット証券初となる信用取引ロボアドサービスを2月に開始 auカブコム証券

ニュースのポイント

  1. auカブコム証券が主要ネット証券初となる信用取引を投資助言するロボットアドバイザーサービス開始する
  2. 信用取引の売りも可能とすることで、下落相場などでも収益を得ていく機会を提供する
  3. 自身で発注する「投資助言型」を採用しており、調査時間や手間を省くことができる

auカブコム証券が「信用ロボアド」を2月中に提供開始

auカブコム証券は、信用取引を投資助言するロボットアドバイザーサービス「信用ロボアド」を2月中に提供開始する。信用取引のロボアドサービスは、主要ネット証券初としている。

同サービスは国内個別株式を対象にしており、信用取引の売りと買いを組み合わせて、アルゴリズムを元に投資助言を行う。信用取引の売りも可能とすることで、下落相場などでも収益を得ていく機会を提供するという。同社は「ヘッジファンドのように相場に左右されにくい運用と、厳格なリスク管理で高い運用パフォーマンスを提供する。上昇相場のみではなく下落相場でも利益が期待できる」としている。

積極型と安定型の2タイプを用意し、金額も100万円、200万円、300万円、500万円、1,000万円の組み合わせを提供する。一般的なロボアドは発注も自動で行なう「投資一任型」だが、同サービスは、利用者に投資助言(銘柄・売買タイミング等)を知らせ、自身で発注する「投資助言型」を採用している。利用者は投資助言を得て、運用する場合にかかる調査時間や手間を省くことができる。さらに、発注もシステムに任せられる「発注アシスト機能」を使うことで、注文も自動化が可能となっている。

また、手数料も一般的なロボットアドバイザーのような固定報酬型ではなく、毎月末の運用益から成功報酬(11%)を徴収するハイウォーターマーク方式を採用。また別途、投資顧問料として月額1,100円がかかる仕組みだ。

同社は、個人投資家と機関投資家の格差解消を掲げており、信用ロボアドはそのためのツールの1つとなる。株式を短期間で売ることで、長期的に株式ポジションを持つことに伴うリスクを最小化し、長期国際分散ポートフォリオに基づく一般的なロボアドバイザーを上回る年利回りを目標とするという。

auカブコム証券
三菱UFJフィナンシャル・グループのインターネット専業の証券会社。2019年8月、KDDIの完全子会社であるauフィナンシャルホールディングスが株式公開買付け(TOB)により議決権ベースで37.96%の株式を取得。上場廃止により、株主は三菱UFJ証券ホールディングス、auフィナンシャルホールディングスの2社のみとなった。参考:Wikipedia
信用取引
信用取引とは、現金や株式を担保として証券会社に預けて、証券会社からお金を借りて株式を買ったり、株券を借りてそれを売ったりする取引のことです。最大預けた担保の評価額の約3.3倍まで株式の取引ができます。参考:楽天証券

関連記事

ページ上部へ戻る