投資未経験者でも大丈夫!つみたてNISAのメリット・デメリットとは?|つみたてNISAのメリットを知って賢く資産を増やそう!

2018年1月にスタートしたつみたてNISAですが、「始めたほうが良いんだろうけど、あまりメリットがわからずイマイチ踏み出せない」と思っている人も多いようです。
簡単にメリットを言うと本来投資で利益が出た場合、その分の税金を納めなければいけないのですが、つみたてNISAを使って得られた利益には税金がかかりません
それでは詳細を見ていきましょう。

つみたてNISAとは

つみたてNISAとは、長期の資産運用を後押しするために作られた税制優遇制度のことで、購入した金融商品にかかる利益が非課税となります。
本来、株式や投資信託などを購入して利益が出た場合、その利益のうちの20.315%を納税しなければいけません。
なので、もし投資で年間100万円の利益が出た場合、20万3,150円を納税する必要があります。
ですがこの場合、つみたてNISAを使えば、利益に対する税金がかからなくなるので、10万円をそのまま得ることができます。

つみたてNISAの特徴

つみたてNISAを使えば、どれだけ金融商品を買っても全て非課税になるわけではありません
つみたてNISA口座内で購入できるのは、毎年40万円までで、購入できる金融商品も金融庁による一定の基準をクリアした投資信託(※1)、またはETF(※2)に限られています。
非課税期間にも制限があり、税制が優遇されるのは、20年間までです。
つまり、2021年に商品Aを40万円分積み立てて購入したならば、2040年までにその商品Aを売って利益を得るようにしましょう。
また、購入方法も、スポットで40万一気に購入!ということはできず、毎月〇万円、毎日〇円という風に、積み立て方式での購入に限られています。

※1:投資信託とは

投資信託とは、ファンドとも呼ばれもので、運用のプロが代わりに資産運用をしてくれ、運用の成果で生まれた利益は我々個人投資家に還元されるという商品です。
つみたてNISAをやる上では、この投資信託をメインに購入することになりますが、投資のプロが代わりに資産を運用してくれるので、投資のことを細かく理解していなくても、資産形成をしていくことができます

※2:ETFとは

ETF(Exchange Traded Fund)とは、日経平均株価やTOPIX等の指数に連動するように運用されている投資信託の一種です。
なので、つみたてNISA=投資信託を購入して資産運用をしていくものと覚えておけばOKです。

メリット

つみたてNISAには以下の5つのメリットがあげられます。

メリット1.初心者の資産運用として最適

つみたてNISAは初心者の資産運用に最適なので、投資をやったことがない人でも簡単に始めることができます。
というのも、先ほど紹介した通り、つみたてNISAで購入できる商品は、金融庁の審査をクリアした投資信託のみだからです。
投資信託は我々の代わりに、プロの投資家が資産運用をしてくれるので、知らない間に利益を増やしていってくれます。
なので、毎月4万円に貯金しているというかたは、貯金場所を銀行口座からつみたてNISAの口座に変更するだけで簡単にお金を増やしていくことができるのです。

メリット2.運用益が非課税

このメリットはNISA最大のメリットですよね。
2021年に40万円で購入した商品Aが、2040年に大きな利益が出て70万円に増えた場合、<確定申告や納税をせずに、そのまま利益分を受け取ることができます
本来であれば、20.315%の税金がかかるため「30万円×20.315%=6万936円」の税金を収める必要があるのですが、非課税なので、納税する必要がありません。

メリット3.いつでも現金化できる

つみたてNISAとよく比較される「iDeCo(個人型確定拠出年金)」は、60歳になるまでお金として引き出すことはできません
しかし、つみたてNISAは多少のリードタイムはあるものの、いつでも現金化することができ、年齢等の制限もありません
「急なことがあってお金が必要になったらどうしよう」と不安な方も安心です。

メリット4.元本割れの可能性はほぼ無し

つみたてNISAはあくまで投資なので、元本割れをする可能性は0ではありません
しかし、購入できる商品は金融庁の審査を投資信託のみなので、元本割れする可能性はかなり低いです。
人気のある商品や、運用実績が高い商品を選べば、元本割れのリスクをある程度回避できます。

メリット5.買いタイミングを気にしなくていい

投資は、安くで買って、高くで売るが基本です。
ただ、つみたてNISAは購入方法が積み立て式なので、あまり買いタイミングを気にする必要はありません
上図のように、高値の時に買っても、安値の時に買っても、購入金額は平均ラインで落ち着くからです

デメリット

次は反対にデメリットについて見ていきましょう。
つみたてNISAのメリットは以下の2点です。

デメリット1.個別株の購入はできない

投資=株式投資のイメージが強いですが、残念ながらつみたてNISAは投資信託とETFしか購入できないため、企業の個別株を購入することはできません
つみたてNISAをやりながら個別株を買いたい場合は、つみたてNISAの口座ではなく、一般口座で買えば、併用して売買することができます
もちろん、一般口座の場合は利益が出た際に納税の必要性が出てくるため、注意しましょう。

一般口座で確定申告をしなくてもいいケース

一般口座で利益が出た場合、絶対に確定申告をして納税しなければいけないかというと、そうではありません
年収2,000万円以下の給与所得者で、給与以外の所得が年間20万円以下の場合、申告不要制度が適用され、確定申告をしなくてもいいことになっています。

デメリット2.非課税枠は翌年以降に持ち越せない

つみたてNISAをやる上で一番気を付けておきたいのが、使いきれずに余ってしまった非課税枠を翌年以降に持ち越せないということです。
例えば、2021年に投資した金額が30万円だったとしましょう。
つみたてNISAの上限は40万円なので、10万円の枠が余ってることになりますよね。
しかし、この余った10万円分の枠は2022年に持ち越すことはできません
なので、つみたてNISAの40万円の枠は、なるべく使い切るようにしたほうがいいでしょう。

NISAとつみたてNISAの違い

つみたてNISAのメリットやデメリットについてご理解頂けたと思います。
最後に参考として、一般NISAとの違いも紹介していきます。

購入可能商品の違い

つみたてNISAでは、金融庁の審査をクリアした投資信託やETFしか購入できませんが、一般NISAでは通常の投資のように、株式や投資信託、外国株なども購入できます。

非課税金額の上限の違い

非課税金額の上限にも違いがあり、つみたてNISAが年間40万円なのに対して、一般NISAは年間120万円です。
もし積極的に資産運用をしていきたいという方は、つみたて投資ではなく、NISAを選んだ方がいいのかもしれません

非課税期間の違い

非課税期間もつみたてNISAは20年、NISAは5年と大きな違いがあります。
そもそもNISAはつみたてNISAのように、長期的な資産形成を目的としておらず、個人投資家の税制優遇制度として誕生したため、非課税期間にこれほどの差があるのです。

投資方法の違い

つみたてNISAが積み立て式でしか購入できなかったのに対し、NISAでは投資方法にはこれといった制限はありません

なので、スポット購入で一気に商品を買うこともできますし、投資信託であればつみたてNISAと同じように積み立て式で購入していくことも可能です。

まとめ

つみたてNISAのメリットについて紹介してきましたが、ご理解いただけましたでしょうか。
貯金ばかりしてお金を銀行口座に眠らせているよりも、つみたてNISA等で資産運用をしているほうがお得なことばかりです
つみたてNISAは難しい用語ばかりでつい敬遠してしまいそうになりますが、やっていくうちに慣れてきて、金融リテラシーもついてきます。
豊かな生活を送るためにも、是非この機会につみたてNISAを始めてみてくださいね。

関連記事

ページ上部へ戻る