ヘッジファンド界の帝王レイ・ダリオ氏 ビットコインについて「ゴールドのような代替資産になった」

ニュースのポイント

  1. 世界的ヘッジファンド「ブリッジウォーター・アソシエーツ」の創業者ダリオ氏はビットコインが「ゴールドのような代替資産になった」と述べた
  2. あくまで分散投資の対象として活用できるのではないかとの見解を示した
  3. ゴールドより暗号資産を支持する有識者も多く出てきている

ダリオ氏、ビットコインについて「ゴールドのような代替資産になった」と言及

引用元:Bloomberg

世界最大級のヘッジファンド「ブリッジウォーター・アソシエーツ」の創業者レイ・ダリオ氏が12月8日、オンライン掲示板レディット(Reddit)のイベント「AMA(Ask Me Anything:何でも聞いて)」でビットコインについて言及した。

これまでダリオ氏はビットコイン及び暗号資産について否定的な見方が強かったが、「ビットコインと他の暗号通貨が過去10年でその存在感を確立し、興味を集める ゴールドのような代替資産になった」と述べ、一定の利点を認めた。

ダリオ氏は暗号資産が、『供給量が限定されていて可動であるゴールドなどの資産』と類似点や相違点を共有していると指摘し、分散投資の対象として活用できるかもしれないとの見解を示した。

その上で、ゴールドと比較したビットコインについては、「私は、各国中央銀行が保有したがり、取引する時に交換してくれるモノを強く選好している。」と答えている。

ダリオ氏が指摘する暗号資産の3つの問題点

ダリオ氏は先月、11月にビットコインや他の暗号資産には3つの大きな問題点があるとコメントしている。

・支払いとして暗号資産を受け入れる場所が少ない。

・価格変動(ボラティリティ)が大きく、効率良く資産を保有できない。

・法定通貨との競争になれば、政府がコントロールし禁止する可能性もある。

この意見に対し、ゴールドと比較し暗号資産を支持する有識者も多く出てきている。最近では純資産44億ドル(約4500憶円)の投資家、スタンレー・ドラッケンミラー氏も自身がBTCを所有していることを明らかにし、ゴールドよりも多く利益をもたらすとの見解を示している。理由としては「BTCはゴールドよりも明確に供給量が定められていて、両資産の相関性が高いからだ」と述べている。

レイ・ダリオ
アメリカ合衆国のファンドマネージャー。独学で高校時代から株式投資を実施、ロングアイランド大学、ハーバード・ビジネス・スクールを経て、メリルリンチに就職。その後、シェアソン・ヘイデン・ストーンに勤務するも解雇され、のちにヘッジファンドであるコンサルティング会社ブリッジウォーターを設立。純資産は180億ドル(2020年4月)。ヘッジファンド界の帝王とも呼ばれている。参考:Wikipedia
ブリッジウォーター・アソシエーツ
運用総額は16兆円で世界最大のヘッジファンド。運用スタイルは「最小リスクで最大の利回りを目指す」というもので、2008年のリーマンショックの際もプラスの運用成績で乗り切っている。どのような市況環境であっても安定的な成績をだすオール・ウェザー型のポートフォリオを組成しており、リーマンショック等の不況時に底固さをみせる一方、好況期には市場平均を下回る可能性があるとみられる。参考:Wikipedia

関連記事

ページ上部へ戻る