初心者必見!おすすめ不労所得5選を紹介!|それぞれの不労所得のメリット・デメリットと注意点も解説

あなたは今の本業の収入で満足していますか?本業のほかに不労所得を得たいと思ったことはありませんか?

不労所得を得ることで、収入が増えるのはもちろんのことですが、本業が嫌になってしまったときにスパッと辞めることができるようになります。

今の会社に嫌気がさしている方、単調な日々につまらなさを感じている方はこの記事を読んで不労所得について学んでみましょう。

今回の記事では、不労所得を得たい初心者に向けて、不労所得の選び方とおすすめの不労所得について解説していきます。

 

不労所得とは?

不労所得とは、名前の通りに働かずに得るお金のことです。自分自身が直接働かずに所得を得られる状態のことを、不労所得を得ている状態といいます。

しかし、働かないと言っても全く何もしないというわけではありません。不労所得を得るために大切になる考え方は「稼げる仕組みを構築する」ということです。

一度稼ぎ続けられる仕組みを構築してしまえば、あとは何もせずとも所得が入ってくるようになります。良い例でいうと、漫画家の印税のようなものですね。

一度漫画作品という稼ぎ続けられるものを作ってしまえば、あとは勝手にそれが売れていくので、自分は働かずに所得を得られます。しかし、漫画作品の場合もそうですが、稼げる仕組みを作るために時間をかけなくてはなりません。

例えば、漫画作品を作るのに200時間かかっても、実際に稼げたのが10万円などになってしまえば、時間給では500円以下になってしまいます。

そのため、往往にして不労所得を得るために大切なことは「継続力」だと言われています。自分のブログで稼ぐ場合もブログを作って運営するだけの継続力が大切になるからです。

不労所得を得ることに対するメリット・デメリットをきちんと把握した上で、自分にあった不労所得を選ぶようにしましょう。

 

不労所得を得る上での3つの注意点

上記で説明したように、不労所得を得るのは決して簡単なことではありません。

この項では初心者の方が不労所得を得ようとする際に、注意してほしいことをまとめました。

 

初心者の方が不労所得を得る上での注意点は、以下の3つです。

  • 知識をつけるための事前準備が必要
  • サラリーマンはの場合は会社に副業OKかどうか確認する
  • 確定申告が必要な場合がある

 

それでは、一つずつみていきましょう!

 

知識をつけるための事前準備が必要

不労所得を得るためには知識をつけるための事前準備が必要です。

不労所得の種類にもよりますが、FXやブログの広告収入などで不労所得を得ようとするときは、その仕組みを勉強するための時間がかかります。

仕組みを勉強したあとは、その仕組みを構築するため・運用するための時間がかかるため、結果的に不労所得を得るためには事前準備と時間がかかることを覚えておきましょう。

 

サラリーマンの場合は会社に副業OKかどうか確認する

サラリーマンが不労所得を得ようとする場合は、会社に副業が許可されているか確認するようにしましょう。

もし副業が就業規則で禁止されている場合は、本業を辞めないと不労所得を得ることができなくなります。

副業の適用範囲も、会社によって異なります。アルバイトとして就業するのがダメなのか、本業に影響が出なければ副業は自由なのか、決まりも違います。

そのため、サラリーマンの方が不労所得を得ようとする場合は、まず初めにお勤めの会社に副業OKかどうかチェックしましょう。

 

確定申告が必要な場合がある

会社に勤めているサラリーマンの場合、不労所得による所得が20万円を超えるようであれば確定申告が必要になります。

 

また、株式投資で不労所得を得ようと考えている方は、以下の税金がかかります。

  • 株の保有で得られる配当金に対する配当所得
  • 株を売った時に得る売却益に対する譲渡所得

 

以上の税金がかかり、もし「特定口座」を開設していれば、税金の手続きを証券会社が行ってくれます。

ただし、一般口座で20万円を超える場合は、自分で確定申告をする必要があるため、気をつけましょう。

 

初心者に向けた不労所得の選び方

ここまでで、不労所得を得る際の注意点を解説しました。

不労所得を得ようと考えるときは、自分にあった不労所得を選ぶことが大切になってきます。

この項では、初心者に向けた不労所得の選び方をご紹介します。

 

不労所得を選び方のポイントは、次の3つです。

  • 放置できる方法を選ぶ
  • 必要以上に悩みすぎない
  • 2つ以上の方法を試す

 

それでは、一つずつみていきましょう!

 

放置できる方法を選ぶ

不労所得を選ぶときは、放置できる方法を優先して選ぶようにしましょう。

特に、時間のない会社員の方は、毎日不労所得を得るために何時間も時間を取るのは現実的だとは言えませんね。

限られた少ない時間で不労所得を得るために、短くまとまった時間で準備のできる方法を優先的に選びましょう。

 

必要以上に悩みすぎない

不労所得を選ぶ時に、必要以上に悩みすぎないようにしましょう。

数多くの不労所得がありますが、結局はやってみなければわからないことだらけです。

また、投資で成功したいと考える時に、実は最大のポイントとなるのが「悩みすぎないこと」と言われています。

失敗することで自分の中にノウハウが蓄積されていき、ゆくゆくは不労所得だけで仕事をしていけるようなスキルを身につけられます。

そのため、悩んでいる時間があるなら行動して、不労所得を得るための仕組み作りに時間を使う方が有意義な時間と言えますね。

 

2つ以上の方法を試す

不労所得を得ようとする場合は、2つ以上の方法を試すという分散投資を心がけてください。

もともと、投資というのはハイリスクハイリターンの方法であり、それは不労所得を得る場合も変わりません。

もし万が一片方がダメになってしまった時を考えると、1つの方法に的を絞るのはリスクが大きすぎると言わざるを得ません。

2つ以上の方法を試すことで、その分不労所得に対するノウハウもたまるため、ゆくゆくはそのノウハウを発信してお金を稼ぐこともできます。

そのように考えると、不労所得を始める時に2つ以上の方法を試すことは非常に重要なことです。

 

初心者におすすめの不労所得5選

ここまでで、不労所得の注意点・選び方を解説しました。

この項からは、初心者におすすめの不労所得を5つに絞ってご紹介していきます。

 

初心者におすすめの不労所得は、以下の5つです。

  1. 広告収入
  2. 印税収入
  3. 株式投資・FX投資
  4. 不動産投資
  5. 情報発信

 

以上、それぞれ1つずつみていきましょう!

 

①広告収入(動画配信・アフィリエイトなど)

近頃はYoutuberもだいぶメジャーな存在となりましたが、そのYoutuberも広告収入で生活をしているのはご存知でしたでしょうか。

Youtuberは「Youtubeの動画」という一種の稼げる仕組みを構築することで、不労所得を得ています。

広告収入で稼ぐと言うことで分類をすると、「アフィリエイト」も不労所得の一種です。

自分のブログやWEBメディアの記事の中で商品を紹介することで、SEOの上位表示を狙い、そのサイトに対する流入の成約数から自分の収益となる手法です。

動画配信にもアフィリエイトにも言えることは、最初は全く稼げないと言うことです。

少なくとも半年以上の時間を費やして地道にコンテンツを増やしていくことで、流入が増えていき、やっと収益に結びつけることができます。

その意味で、かなりの継続力や我慢強さが必要となる不労所得の1つとなりますね。

 

②印税収入(書籍など)

印税収入とは、マンガ本や書籍の売り上げに対する数%の収入です。

有名な漫画家でいうとONE PIECEの尾田さんは印税収入だけで億単位の収益をあげています。

印税収入に関しては、絵が描ける方や文章を書くことが好きな方にはおすすめできますが、不労所得の中でも最も難しい手法であると言えるでしょう。

もし仮にマンガ本で印税収入を狙うとしても、まずはマンガの構想を練り、絵を描き、作品に仕上げる必要があります。作品に仕上げるためには幾分か経費もかかるため、なかなか難易度が高いと言えますね。

 

③株式投資・FX投資

 

株式投資やFX投資に関しては、ハイリスクハイリターンの手法と覚えておきましょう。

今では簡単にPayPayやLINEPayなどで投資運用ができる時代ですが、きちんと株式やFXのことを学んで投資をするためにはかなりの時間がかかります。

しかし、株式投資やFX投資は知識をつけることには時間がかかりますが、身につけた後はノウハウを凝らして運用を続ければ、それだけで食いっぱぐれることなく収入を得ることも可能です。

会社員をしながら投資をしている人も世の中には少なくなく、今の時代はWEBを使って調べるだけで簡単に初心者に投資を解説しているメディアもあるため、気になる方は調べて挑戦してみましょう。

 

④不動産投資

不動産投資とは、個人で物件を購入して、そのアパートを売却する他、入居者を募ることで家賃収入を得る方法です。

不労所得を狙う場合は、アパートを売却する手法ではなく、入居者を募ることで家賃収入を得る方法を選ぶようにしましょう。

不動産の場合は、一度物件に入居者がつくと、頻繁に入れ替わることは非常に稀なため、安定して不労所得を得られます。

デメリットとしては、アパートがボロボロになった場合には修繕費やリフォーム代が必要になることがあります。ランニングコストもかかって来るため、収益計算は欠かさないようにしましょう。

もしあなたが不動産を購入して家賃収入を得るためには半年から一年の時間がかかることを目安にしておきましょう、

不動産投資の場合は手持ちにかなり潤沢な資金がないと行えませんが、非常に安定した収入となるためおすすめです。

 

⑤情報発信(Noteなど)

今の時代ならではの不労所得の方法ですが、自分のノウハウを発信することでその見返りとして報酬を得る方法があります。

有名な例では、有料Noteなどです。それこそ株式投資や不動産投資などに関する有益な情報をNoteにまとめて販売することで、その情報に対する対価としてお金を得ることができます。

注意点としては、初心者がいきなり優良な情報を集めたと言って有料Noteを作っても、怪しい情報商材としか思われず買い手がつかないことがあり得ます。

そのため、情報発信をする際に大切になるのは「実績」です。TwitterやInstagramなどで自分の実績やノウハウを小出しにして「この人の情報には価値がある」と顧客に認めてもらうことで、買い手がつくようになります。

もしあなたが情報発信でお金を稼ぎたい場合は、まず初めに実績を作るところから始めるようにしましょう。

 

初心者が不労所得を得るには継続力が大切!

本記事では、初心者におすすめの不労所得や、不労所得の選び方・注意点について解説をしました。

不労所得を得るのは決して簡単なことではなく、継続力が非常に大切になります。

最低でも半年以上は諦めることなく行動し続けることで、稼げる仕組みを構築することができるでしょう。

もし、あなたが不労所得を得たいと思っている場合は、上記で紹介した不労所得を検討してみてください。

あなたが本業の他にも不労所得で収益を得られることを祈っています。

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る